BATTRE SOMN  AT ALLA.

編集長junyaさんの北欧音楽記事に引き続き、私も、ちょっと異なる視点からスウェーデン音楽のご紹介をさせて頂きます!

みなさん、スウェーデンの子守唄ってどんな感じか、ご興味ありますか?

昨年、スウェーデンのIKEA(イケア)は子守唄をテーマにしたベッドのキャンペーンを展開しました。このキャンペーンを担当したのは、IKEAとの付き合いがとても長い、Forsman&Bodenforsという広告エージェンシー。彼らは今、スウェーデンで最も注目されているエージェンシーの一つです。そんなF&Bが手掛けた子守唄キャンペーンは、カンヌ国際クリエイティビティ祭を初めとする様々な広告祭で賞を受賞し、大変話題を呼びました。

IKEAは以前から「睡眠」をテーマにしたキャンペーンを世界中で展開しており、日本でも過去に「ちょい寝カー」や「店内お泊り会」などが実施されていますよね。

そこで、スウェーデンIKEAがF&Bに出したお題というのは、老若男女問わず誰にでも受け入れてもらえるような「睡眠」キャンペーンを作ること彼らが思いついたのは、「子守唄」を核にした企画でした。

具体的に何をしたかというと…
世代もジャンルも異なるスウェーデン人のアーティスト6人に、スウェーデンの子守唄を現代風にアレンジしてもらい、それぞれミュージックビデオを作ったんです。もちろん、IKEAのベッドを使って。ちなみにベッドの種類は、アーティストの身長、体重、そして寝方を考慮した上で選択されているそうですよ。

6つの子守唄はウェブサイト上だけでなく、テレビやラジオでも放送され、また、Spotify(スポティファイ)という音楽ストリーミングサイトでは曲の販売も行われました。

こちらがキャンペーンの紹介ビデオです。子守唄の原曲をアレンジ後の曲と比較してくれているので、面白いですよ:

ウェブサイトをご覧になるにはココをクリックしてください。
かなり重いサイトなので、良ければ軽い版へどうぞ。それぞれのミュージックビデオが流れている時に表示される文字情報ですが、上から歌手名・曲名・ベッド製品名になっています:


九州新幹線開通のCM
ご存知の方も多いかと思いますが、こちらはMaia Hirasawa(マイア・ヒラサワ)、日系スウェーデン人のアーティストです。個人的には彼女のアレンジが一番好きです。

このウェブサイトですが、操作性が非常に良く、私はマックを使っているのですが、ページを上下にスクロールさせることでアーティストと曲が切り替わる仕組みが面白いです(重い版のみ)。

左端の「Artisten(アーティスト)」、右端の「Sängen(ベッド)」というタブを押すと画面がスライドするんですが、ページが切り替わると曲の音量が下がり、文字情報に集中しやすい環境になっています。

また、「Artisten(アーティスト)」のページにはSpotifyへのリンクがあり、Spotify上でも音楽を簡単に聴けるような仕組みになっています。もちろん、アルバムを購入することもできます。アルバムの表紙はもう完全にIKEAの広告ですね。

YouTubeへのリンクもありますが、そこに飛ぶとビデオノーカット版が楽しめます。ついでに、それぞれのアーティストが寝るときのポジション(うつ伏せ、仰向け、横向きなど)まで丁寧に教えてくれています…。(けどMaiaは「秘密」だそうです。)

ベッドのプロモーションにアーティストのプロモーションも兼ねちゃうところが面白いですね。そして嫌らしくなくて気持ちの良いプロダクトプレイスメントだと思うのですが、いかがでしょう?