ヒュゲリな人々に会いに行く!

北欧に携わる人々にインタビューを行う新企画『ヒュゲリな人々に会いに行く!』。記念すべき第一回目は、昨年秋に「北欧の音楽ピクニック」という野外音楽イベントを大阪の万博公園で開催し、大成功させたハーモニーフィールズのチートスさんです!

北欧の音楽ピクニック

-まず、ハーモニーフィールズについて教えて頂けますか?
チートス:基本的にはスウェーデンなど北欧のトラッドフォークや伝統音楽、民族音楽のコンサート企画のプロモーターです。主に北欧の海外アーティストを日本に招いて全国でツアーを行ったり、北欧音楽を行っている日本人アーティストのコンサート企画制作をしています。それと同時に「北欧の音楽ピクニック」や「神戸リコフェス」といった音楽イベントを企画・開催しています。

ワークショップ検討中

-チートスさんはどんな仕事をされているんですか?
チートス:アーティストを選ぶところから始まって、コンサート実施場所への営業、ツアーの同行や送迎まで、最初から最後まで行っています。コンサートがある時は、アーティストのケアを含めて、一緒にツアーを回るんですが、現場で音響さんや照明さんと連動しながらコンサート制作を進めています。
舞台の見せ方や北欧楽器を使ったワークショップの実施など、北欧音楽の良さやアーティストの魅力がどうすれば一番伝わるかを日々勉強中です。

-そもそも北欧に興味を持ったきっかけは何だったんですか?
チートス:大学生の時、最初の1年間、留学生とルームシェアする機会があって、その相手がノルウェー出身の方だったんです。それでよく部屋に北欧の方がたむろしてて(笑)。北欧部屋って呼ばれていましたが、それが北欧への興味の第一歩でした。当時はすごく喧嘩もしましたが、今はノルウェーに行く時には連絡をとりあっています。

フィンランド旅行中のチートスさん

それとは別に、私誕生日がクリスマスという事もあってサンタクロースにはすごく興味があったんです。小さい頃、フィンランドのサンタさんに「いつか直接お礼を言いにいきます」って手紙を書いてて。
それがずっと残っていたので、大学3年生の時、実際にクリスマスにフィンランドに行ってきました。それまでアルバイトをして海外には色々行ってお気に入りの国はあったんですが、フィンランドに行った時に初めて「住みたい!」と思うようになったんです。いつか絶対フィンランドに住む!って。

-なるほど。それがきっかけでハーモニーフィールズに?
チートス:大学では地域起こしを勉強していたので、府と国でインターンもしていました。その時の恩師が『好きなことがあるなら、それを思いっきり一途にやってみなさい』と教えてくれて。
その一言がきっかけで、好きなことを極めていこうと、北欧に携わることができる企業への就職活動 “北欧就活”を始めたんです。それで出会ったのが第1回目の「北欧の音楽ピクニック」(2010年6月)でした。告知を見ると、ただ音楽を紹介するだけではなく、文化的なところや雰囲気も再現してて、すごく素敵なイベントだなぁと感じました。それからすぐに主催のハーモニーフィールズに連絡して。その時、採用は行っていなかったんですが、そのイベントのボランティアから手伝わせてもらって、大学卒業後、新卒で入社させてもらったんです。おかげさまで、今は楽しく仕事させていただき、充実した日々を過ごしています。

インタビュー中の様子

◆インタビューを終えて:編集長所感
自分が本当に楽しめる仕事を見つけて日々邁進中のチートスさん。目を輝かせながら仕事を語る姿に本当に圧倒させられました。昨年秋の「北欧音楽ピクニック」は、私も遊びに行かせて頂きましたが、本当にヒュゲリな時間が流れていました。北欧ヒュゲリニュースでは、今後ますますの活躍が期待されるチートスさんを応援していきたいと思います。チートスさん、ご協力ありがとうございました!

[Information]
・ハーモニーフィールズの最新情報は公式サイトをチェック