スウェーデンのCM広告祭Roygalanのノミネート作品より、皆さんと共有したいCM第二弾は、Svensk Fastighetsförmedlingという不動産会社から。

テーマは「そろそろ引っ越しのタイミング?」

ベストCM賞にノミネートされているこの作品はスウェーデン語がわからなくても楽しめるのでぜひ気軽にご覧ください:

タイトル:引っ越しのタイミング

広告主:Svensk Fastighetsförmedling
担当エージェンシー:Blomquist

ちなみに東京では社会人になっても実家に住み続けるというのはそんなに珍しいことではありませんが、スウェーデンでは非常に珍しいそうです。なので共感を呼ぶため、というよりは完全にウケ狙いのCMだと思のですが、オチが本当にお見事。全く結末が読めないストーリー展開になっているだけに、とっても印象に残りました。30秒という決められたタイムフレームの中に「そろそろ引っ越しのタイミング?」というメッセージが、とても上手いことフィットしています。

実はこれ、シリーズ化されているんです。ですので上のノミネート作品以外のCMもついでにご紹介しちゃいます。スウェーデン語の知識が必要ないところは共通していますので、ご心配なく!

ウザいルームメイト編:

ウザい弟編:

ウザい隣人編:

第一弾の「あなたの頬が確実に緩むオムツCM-スウェーデンCM祭ノミネート作品その1」もよければ見てくださいね!

参考サイト:
Roygalan Homepage