「そもそもトロールって何?」という方のための記事を更新しました。

さて、北欧好きの皆さん。トロールはご存知ですね?北欧に遥か昔から伝わる妖精のことです。しかし、彼らがどのような妖精であるかという定義は地域ごとにバラバラだそうで、例えば富を人々から奪い・与えると信じられている場合や、モノや女性を盗むと信じられている場合などがあります。また、容姿にも諸説あり、巨人説があるかと思えば小人説があり、人間に似ている説もありますが、人形などではたいてい人間とは似ても似つかない容姿で表現されています。

ムーミンのたからものムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)

ムーミンも本名は“ムーミントロール”といって、トロールをモデルとしたキャラクター。上記は講談社さんから出版されているムーミンの絵本です。

こんな可愛いトロールもありますが、実際は・・・

正しいトロール(写真:メリカーナ)

たいてい、こういうトロール像が描かれる事が多いですよね。長い鼻としわしわの顔、ごわごわした髪の毛。夜中に見たら怖くてトイレに行けないようなトロール人形が、よく売られているトロール人形だと思います。(ちなみにこれは、メリカーナさんのトロールです。)

でも今日は「諸説あるとはいえ、これは違うでしょ!」というトロールをご紹介したいのですね。うん、イマジネーションは大切だし、ホント、イノベーションを否定するつもりは無いのですけどね。

それが、





(写真:Amazon.co.uk)

なんか違う!!!間違ってる!どうしてこうなった!!

こちらはイギリス版Amazonで販売されているトロールの着ぐるみです。てろんてろんの胴体や不自然すぎる髪の毛も可笑しいですが、なによりこのモデルのポーズ・・・これまでの妖精像が台無しです!(笑)

最後はネタオチしてしまいましたが、これでこれまで怖くて直視できなかったトロールにも、愛着を持って接する事が出来るのではないでしょうか?トロールになりきれる着ぐるみは、イギリス版Amazonにて、29.99£で絶讃発売中です!(買おうかな・・・)

※記事中で紹介したムーミンの絵本やトロールグッズはAmazonでもご購入いただけます