Fuglen Tokyo(フグレン・トウキョウ)の入り口

ついに「あの」北欧カフェにやってきました!

さて、今日はノルウェー語だけでなくデンマーク語でも「ザ・鳥」という意味の、ノルウェーから来た北欧カフェ「FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)」をご紹介!

(去年のスマイルアイルズ東京出張の時に、他のメンバーがFUGLENに来ているのをうらやましく見ていました。僕もようやく念願のFUGLENデビューです笑)

Fuglen Tokyo(フグレン・トウキョウ)店内

「世界で最高、飛行機に乗ってまで試しに行く価値あり」

土曜日の夕方前に訪れたのですが、予想通り満席でした。すると、席が空くのを待っている僕達を見た店員さんが「申し訳ございませんが、もう少しお時間がかかりそうです。本日のコーヒーのお味見でもいかがですか?」と小さなコーヒーカップを手渡してくれました。こんなヒュゲリなサービスを受けたらリピーターにならないわけないですよね!

FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)のウェブサイトを見て、あらかじめ期待をしていたのですが、その期待を「テーブルに着く前」に越えられるなんて思ってもいませんでした。

世界最高品質のコーヒーが飲めるコーヒー王国、オスロ。ニューヨークタイムズ紙のコラムニスト、オリバーストランドによると、“世界で最高、飛行機に乗ってまで試しに行く価値あり”と絶賛。その中でも、1963年創業のコーヒーバーFUGLENは独自の進化を遂げ、オスロのコーヒースタンダードを高め続けてきました。

引用元: FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)ウェブサイト

Fuglen Tokyo(フグレン・トウキョウ)のコーヒー

店内のお洒落北欧アイテムは全て買える?!

僕はしていないので詳しく確認はしていませんが、FUGLENは飲食物の持ち込みOKだそう。一方、「店内に置かれた50〜60年代にノルウェーで創られたヴィンテージデザインは全て購入可能」という面白いコンセプトのカフェです(ヴィンテージアイテムを買っても、自宅にマッチさせられる自信が全くありませんが笑)。

店内では友達と話したり、ゆっくり本を読んだり、のんびりしている方もいらっしゃいました。僕もデンマークにいる時のような「ゆっくりとした心地よい時間の流れ」を感じていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。

Fuglen Tokyo cafe00
Image from: FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)ウェブサイト

FUGLEN TOKYOの大ファンになってしまったので

コーヒーのおかわりまで出来る、まさにヒュゲリなカフェです。お近くにお住まいで、まだ行かれたことがなければ今週末にでもぜひ。僕もこれから時間が空いたらFUGLENに行きますので、もし見かけられた際はお気軽にお声がけ下さいね!

[Information]
FUGLEN TOKYO(フグレン・トウキョウ)
住所: 東京都渋谷区富ヶ谷1-16-11
電話: 03-3481-0884
ウェブサイト: http://fuglen.com/japanese/
営業時間はウェブサイトまたは下記ショップカードをご覧下さい。

Fuglen Tokyo(フグレン・トウキョウ)のショップカード