もしもノルウェー人が「欽ちゃんの仮装大賞」に出演したら…?

「サーモンといえばやっぱりノルウェー産!」
「ノルウェーで採れる魚介類はほんと美味しいよねぇ」

世界中の人にそう思ってもらえるように日々マーケティング活動に励んでいるのが、ノルウェー水産物審議会(Norwegian Seafood Council)。

そんな彼らがつい最近リリースしたCMで主役になっているのはなんと、SUSHI。なぜ「寿司」ではなく「SUSHI」と表記しているかというと、日本人だったらこんな不思議なSUSHIの表現方法を、絶対思い付くことはないだろう、と思ったからです。

ということでご覧ください:

①NIGIRI編

②MAKI編

③SASHIMI編

いかがでしたでしょうか。

前半は真面目にプロっぽいダンスを見せておきながら、後半で三流レベルにガクッと落とすあたりがなんとも絶妙です。ノルウェー人ってなんとなく真面目そうなイメージがありますが、ちゃんとおちゃめなところもあるんですね。

個人的には、CM最後に欽ちゃんの仮装大賞のバロメーターが現れて欲しかったです。
それにしても、サーモンほんと美味しそうだなぁ。

ちなみに、ノルウェー水産物審議会は東京に事務所があります。日本では特にサーモン、サーモントラウト、サバ、ししゃもを中心としたさまざまなマーケティング活動を行っているとのこと。ウェブサイトでは、サーモンのちらし寿司や、塩さばの照り焼きなど、日本人向けのレシピなど紹介されています。

さすがに、こんな感じのピュアすぎるビジュアルを作るぐらいなので、Human SushiのCMへのリンクはサイトに載っていませんでした。

参照元:
Modern Dancers Are ‘Human Sushi’ in Crazy Seafood Ads – ADWEEK 1/11/2013
Godfisk! – Norwegian Seafood Council homepage