関西の北欧好きのみなさま!朗報です!!

ポスター/「森と湖の国 フィンランド・デザイン展」が大阪にやって来る!

「森と湖の国 フィンランド・デザイン展」が大阪に!!

美しい自然と風土、独自の文化をモチーフにとりあげ、革新的で洗練された美を生み出してきたフィンランド。今回、大阪市立東洋陶磁美術館で4月20日(土)から7月28日(日)まで開催される「森と湖の国 フィンランドデザイン展」では、フィンランド独自のデザインの魅力が、ガラスと陶磁器約150件を中心に紹介されるそうです。

実はこの展覧会、東京のサントリー美術館でも昨年の11月から今年の1月まで開催され、カイ・フランクやアルヴァ・アールトなど、フィンランドを代表するデザイナーの作品や現代のデザイナーの作品も紹介されたものなんです。北欧デザイン好きの間では話題となった展覧会で、東京、大阪、札幌に巡回されます。

バナー/「森と湖の国 フィンランド・デザイン展」が大阪にやって来る!写真: サントリー美術館の公式サイト

フィンランドの展覧会と言えば、以前この北欧ヒュゲリニュースでもお伝えした、兵庫県立美術館で開催された「フィンランドのくらしとデザイン−ムーミンが住む森の生活展」が記憶に新しいですね。このときの展覧会では、マリメッコをはじめとするブランドのプロダクト、絵画、文学、建築、工芸など多岐に渡って紹介されました。

一方、今回開催される展覧会では、フィンランドのガラスと陶磁器を中心に紹介されるそうです。フィンランドでは、どのようにガラスや陶磁器が日常のくらしの中で彩られてきたのか、そして、フィンランド・デザインの土台が築き上げられた18世紀後半から現代に至るまで、どのような発展を見せてきたのかに注目です!

北欧ヒュゲリニュースも取材に行き、展覧会の模様をお伝えしたいと思います!(残念ながら今回は内覧会がないそうなので、展覧会が始まってからの取材になります。)お楽しみに!!

最後に嬉しいお知らせ!

大阪市立東洋陶磁美術館の「森と湖の国 フィンランド・デザイン展」公式サイトでは、こちらの展覧会の割引券もゲットできますよ〜!一般だと200円、高・大生は100円安くなります!そちらもぜひチェックしてみてくださいね!→割引券はコチラ!

 [イベント情報]

◎森と湖の国 フィンランドデザイン
期間:2013年4月20日(土)〜7月28日(日)
場所:大阪市立東洋陶磁美術館
住所:大阪市北区中之島1−1−26
※開館時間や料金は大阪市立東洋陶磁美術館HPで確認してくださいね!