こんにちは!スウェーデンライターaikoです。
…と名乗っておきながら、実は今日ご紹介したいのはデンマークの広告ネタです。

みなさん、コカ・コーラのロゴはご存知ですよね。赤地に白文字の、あれです。この「赤」と「白」という色、北欧的な何かと結びつきませんか?

そう、デンマークの国旗の色なんです。

そんなデンマークの国旗が、なんと!コカ・コーラのロゴでかくれんぼをしていたことが発覚しました!実はこれを発見したのは、広告グループ・McCann(マッキャン)に所属しているスウェーデン人ら。ブランドコミュニケーションのビジネスにいる彼らが、この発見を放置しておくわけにはいきません。

「世界一幸福な国」と呼ばれるデンマークとコカ・コーラが手を組むことによって、より多くの人に「幸せ」を届けることはできないか?

そんな思いをもとに、一日限定キャンペーンが実施されました。コカ・コーラのロゴを活用した、あまりにも秀逸すぎるこのキャンペーンの舞台は、デンマークの首都コペンハーゲンにあるカストラップ空港

デンマークライターnaoyaさんはもちろんご存知でしたが、デンマーク人は、空港で家族や友人を出迎えるときに、国旗を振ってウェルカムするという文化があるそうです。

そんなデンマーク人ならではの習慣をうまいこと利用したコカ・コーラのキャンペーンが「The Happy Flag」です。

空港の到着ゲート付近に、巨大なコカ・コーラロゴのパネルを設置。そのロゴの中のデンマーク国旗に見える部分に、取り外し可能な旗を用意しました。通行人が、その旗を気軽に手に取って、出迎え用に使ってもらえるような仕組みにしたのです。


空港に来た人々が実際に旗を手に取るシーンや、到着客をたくさんのデンマークの旗で出迎えるシーンなどを、ぜひこちらの映像でご覧ください:

やはりなんといっても、空港で国旗を振って到着客をウェルカムする、というデンマークならではの文化に着目したことが、キャンペーン成功の大きな一因だったのではないでしょうか。今回のコカ・コーラの広告は、デンマークの空港というコンテクストにとてもうまいこと溶け込んでいて、非常に秀逸なキャンペーンだなぁと感じています。

日本の国旗も、実は意外なところに隠れていたりするかもしれません。今日一日、日の丸を意識して過ごしてみたらいかがでしょうか?面白い発見があったらぜひ私たちにシェアしてください!

参考:Dansk flagga succé för Coca-Cola – Resumé  5/13/2013