今回は前々から気になっていた表参道の北欧カフェ、ニコライバーグマンカフェさんに行ってきましたので、ご紹介します。

Nicolai Bergmann cafe 1

まずはお店の名前について簡単に説明しますと、ニコライバーグマンとはデンマーク出身のフラワーデザイナーの名前。ブーケのようなものから、イベントの演出まで幅広く手がけている彼の作品を販売するお店が「ニコライバーグマン」であり、そこに併設されているのが今回ご紹介するカフェスペースなのです。

ということで、こちらのメインはお花屋さんになるのですが、ここではニコライバーグマン氏の代表作である、ボックスの中いっぱいに花が敷き詰められた作品や、花をモチーフにした香水などが販売されていました。どれもシンプルで美しい点が北欧デザインという感じではありましたが、その一方でどこかTOKYO的な(都会的な)印象も受けました。

Nicolai Bergmann cafe 2

そしてカフェは上記の写真のような感じになっています。店内だけでなく外にも20席弱ほどはありました。これから暖かくなる季節には、外の席の方が気持ちがいいかもしれませんね。

壁面には一面を覆い尽くす緑があり、壁にかけられたポッドからは生きた植物が葉を伸ばしています。花屋スペースと繋がっていることもあり、とにかく緑の多い店内。マイナスイオンも沢山飛んでいそうで、リフレッシュにとても良い場所です。

Nicolai Bergmann cafe 3

フードメニューはサンドイッチ類(各945円)、スモーブロー(1260円)など。ドリンクはオーガニックドリップコーヒー(420円)、フレッシュミックスジュース(各650円)など。その中から今回は、スタッフさんおすすめのサンドウィッチ、「ターキーオンターキッシュ」をいただきました。

まず食べごたえのあるターキーとマイルドなアボガド、そしてチーズがベストマッチでした。そしてそれ以上に、トーストされたパンが、カリカリでとても美味しかったです。ボリュームもあり、普通の成人男性くらいの食欲(自称)な僕には、十分満腹でした。

Nicolai Bergmann cafe 4

最後に、わたくしLeoが勝手に考えるこのお店のイチオシポイントは、「北欧×TOKYOスタイル」な体験が出来るところかなと思います。これは勿論、この店にデンマーク出身で日本文化の影響を受けているニコライバーグマン氏の色が濃く反映されているからだと思います。他の北欧カフェだともう少し、のんびりしていて和やかな感じですが、コチラはスタイリッシュで、都会的。でも北欧のシンプルさもちゃんと残していますし、その2つの文化の融合がフラワーデザインとも通じているように感じます。

ということで、今度表参道辺りでふと息抜きしたいなって思った際には、是非立ち寄ってみてくださいね!

[Information]
ニコライバーグマン
住所:東京都港区南青山5-7-2
電話:03-5464-0716
営業時間:10:00-20:00(不定休)