自宅のコーディネート方法を、お店でもカタログでも常に楽しく紹介してくれるスウェーデン発の家具ショップ・IKEA(イケア)。

以前ヒュゲリニュースでも取り上げましたが、2013年度版は、通常のカタログに新たな工夫として「インタラクティブ性」が加わりました。専用アプリをダウンロードして商品ページの上にスマートフォンをかざすとカタログ上では閉じている扉の中が覗けたり、IKEAデザイナーによるハウツー映像だったり、商品に関する豆知識の紹介だったり、クッキングショーだったり、様々なコンテンツがカタログページに潜んでいました。

2014年度版は一体どんなアプリが登場するんだろう?なんてワクワクしていたんですが、ついに発表されました!!言葉で説明するよりも、紹介ビデオをご覧いただくほうが早いかもしれません↓

 

ということで今回のアプリは、こんな仕組みになっています:

1. IKEAのカタログで気に入った家具をアプリでスキャンする

 

2. バーチャル家具を配置したい場所にカタログを置く
※アプリがカタログを認識することで、家具を部屋の大きさにマッチしたサイズに調整してくれます。

 

3. アプリ上に家具を表示させて、写真撮影!

IKEAのお店にいってモデルルームを見ると、ある程度想像力は膨らみますが、

「この家具、本当に私の家にマッチするのかな?サイズ感は大丈夫かな?周りの家具の雰囲気と合うかな?」

と色々と悩んでしまうこともあるかと思います。そんな時に、このカタログと専用アプリを使えば、悩むことなく家具選びができてしまう!今までありそうで無かった、とてもシンプルで画期的なサービスだなと思います。

特に、日本の家は欧米と比べると比較的小さいので、どうしても家具のサイズ感は気になるところですよね。ということで、日本ではかなり重宝されそうなサービスのご紹介でした!

参考:
Ikea’s 2014 Catalog app lets you arrange virtual furniture in your living room via augmented reality – engadget 8/6/2013
IKEA app projects virtual furniture into your living room – The Verge  8/9/2013
Ikeas nya katalogapp gör succé med ny funktion – Resume 8/22/2013