誰もが一度は手にしたことがあると思えるほど人気のあるLEGO(レゴ)ブロック。実はデンマークが発祥の地だったんです!知っていましたか?

lego写真: SvD

 

アジアで35%収益アップ?!

そんなLEGOが、バービー人形やセサミストリートを世に輩出してきたMattelに次ぎ、世界第2位のおもちゃメーカーに輝きました!

LEGOが世界第2位の玩具メーカーに輝けたのは、アジアでの需要の伸びが一つの要因のようです。ヨーロッパや北アメリカでの伸び悩みに反して、アジアではどんどん消費者の数を増やしていき、今年上半期にはアジアにおける収益を35%伸ばしました。そのことにより、LEGOは13%の売り上げ成長(約1500億円)を遂げ、市場占有率も8.8%にまで上昇したそうです。

 

世界で人気を博す、LEGOlandって?!

legoland写真: LEGOLAND Billund

LEGOで作られた屋外型テーマパークLEGOlandは、世界6か所(デンマーク、イギリス、ドイツ、アメリカ2、マレーシア)、屋内型テーマパークLEGOland Discovery Centerは東京のお台場も含め世界10か所(アメリカ5、ドイツ2、カナダ、イギリス、日本)に建設されるほど人気を博しています。更に、現在はドバイでも建設作業が行われているようです!

更に2014年初めには中国に自社工場を着工する予定のLEGOは、2015年には韓国、2016年3月には名古屋にもLEGOland discovery centerをオープンする予定だそうで、アジア進出への勢いを感じます。

様々な分野でまだまだ莫大な需要が見込まれるASEAN諸国への進出も既にLEGOlandがオープンしているマレーシアを皮切りに望めるかもしれません。私たちアジア人にとってLEGOがさらに身近なものになるかもしれませんね!

 

参考:SvDLEGOLAND BillundLEGOLAND Discovery Centerレゴランド・ディスカバリーセンター東京, GIZMODOジャパン