皆さん、こんにちは!突然ですが、スウェーデン人に人気の旅行先がどこだか知ってますか?先にネタばらしをすると、実はデンマークなのです!

kopenhamn写真: DN.SE

調査会社のResurs(リスース) が、24,000人にインタビュー調査した結果、2012年にスウェーデン人は1,780万回海外旅行をしたそうです。スウェーデンは寒い国なので、太陽やビーチを求めて南の国が人気だと予想されがちですが 、蓋を開けてみるとデンマークへの旅行が290万回と1番多かったみたいです。その次に多かったのはスペインで、3位がフィンランドでした。

この順位は宿泊有無両方を合わせた結果で、宿泊有の旅行のランキングでは、スペインが1位で190万回、2位はデンマークで160万回、ドイツが3位で130万回でした。

また最もよく訪れた10ヵ国のうち、ヨーロッパ以外で入ったのはアメリカだけでした。以前は1年に50万人ものスウェーデン人が訪れ、今でもスウェーデン人のお気に入りの国だと言われることが多いタイですが、2012年には33.4万人に減少し13位でした。

調査会社のHans Remvig(ハンス・レムヴィグ) さんは、デンマークが1位になった理由として、スウェーデン人の旅行の目的の多くが、親戚や友人を訪問することだからだと語っています。

ストックホルムからコペンハーゲンへは電車で5時間強程の距離で、実はスウェーデン北部まで行くよりも近いのです。スウェーデン南部の町マルムとコペンハーゲンは橋でつながっているので、スウェーデン人の中にはマルムに住みコペンハーゲンで働いてる人もいるんですよ!皆さんもスウェーデンに行く際は、デンマークまで足を延ばし、その近さを体感してみてください!

 

参考:DN.SE