こんにちは。スウェーデンライターの純菜です。すっかり冬になって今年も残りわずかです。日が短くてどんよりと暗い日が続いていますね。でもスウェーデンはもっと暗いです(笑)。毎年そんな暗い冬を迎えるスウェーデンには、聖ルシア祭(Lucia)という大切なお祝いがあるんです!

Lucia2013_2

写真: SVT

聖ルシア祭は12月13日にお祝いされる伝統行事で、この日はスウェーデン各地でルシアの行列(Luciatåg)が行われます。ルシアの行列では、白い衣装を身にまとった人々がろうそくを手にもって歌を歌うのですが、暗い冬に光が現れるような幻想的な雰囲気がとても素敵なんですよ。と、説明するより見てもらう方が早い!ということで、ぜひぜひスウェーデンのルシアを見てみてください!(※)

スウェーデン各地でこのルシアの行列が行われますが、実は行列の先頭に立つルシア役、いわゆるミスコンで決められるんです!各地域それぞれでコンテストが行われるのですが、今年はヨーテボリ市が新たな試みを行ったと注目されています。

その新たな試みとは「声への投票」。今年のヨーテボリ市のルシアコンテストでは、候補者たちの顔は公開されず(口元だけの写真は公開されているみたいですが)歌声だけを対象に投票が行われました。ヨーテボリ市ルシアコンテストのプロジェクトマネージャー・ウルリーカ(Ulrika)さんによれば、ブロンドの美しい女性という従来の伝統的なルシアの型に自分はあてはまらないと感じる人でも参加できるようにという思いが、この試みには込められているそうです。気になる今回の結果ですが・・・写真をどうぞ!

Lucia2013_4

写真: Aftonbladet

列の真ん中で冠を載せているサンドラ(Sandra)さんが今年のヨーテボリ市のルシアに選ばれたようです。見た目に関係ないコンテストとはいえ、みなさんきらきらした笑顔ですごく綺麗だなと見入ってしまいました!今回は結果的に、いわゆる伝統的なルシアの風貌をしたサンドラさんが歌声選考によって選ばれましたが、これなら将来投票によっては男性のルシア誕生もありえますよね!男女平等先進国のスウェーデンらしい取り組みで、全国的に広がるかもしれませんね。来年の聖ルシア祭も注目です。
参考:Sweden.se, Aftonbladet, SvD

※2016年9月18日に、削除されていた動画を差し替えました。