今回はスウェーデンからyukiがお届けします。

色んな手作りお菓子があふれるスウェーデン。でも時には日本のお菓子が恋しくなることも…。

そんなスウェーデン在住日本人としては嬉しいニュースが去年飛び込んできました!ストックホルム在住の日本人女性が、日本風のロールケーキの販売をはじめたのです。

会社の名前はTasty Textures。ただのロールケーキとは違います!なんと、味ごとにアニマル柄でデコレーションされているのです!

swedish_animalcake01

現在、お味は4種類あります。

  • バニラ・ジラフ
  • ヨーグルト・ジャガー
  • チョコレート・ゼブラ
  • 抹茶・クロコダイル

swedish_animalcake02

そしてケーキを制作&販売しているのは、林智子さん。以前はメキシコにお住まいでしたが、自分の割烹を出したいという夢のために料理人としての仕事を探しているときにスウェーデンのレストランに採用され、現在はストックホルムの日本食レストランでシェフとして働いていらっしゃいます。

林さんがロールケーキの販売というビジネスを思いついたのは2013年のこと。はじめてフリーマーケットに参加した後の2013年秋に、次回はパティスリーとして出店しようと決めたていたそうなのですが、2014年の5月からはじまる次のフリーマーケット開催が待てず、それならばと勤め先のレストランの一角を借り、2013年12月から予約販売を始めたそうです。ちょうどクリスマスでもあったので「やっぱりクリスマスにはケーキが食べたい」という日本人には好評だった模様!スウェーデンには「クリスマスケーキ」という風習はありませんもんね。

フリーマーケットのために色々試作していたお菓子の中からロールケーキにしぼった理由を伺うと、「持ち運びが簡単で、甘すぎず、フワフワのクリームとフルーツの入った日本らしいケーキを、スウェーデンにいる方々にも食べていただきたかったんです。」と教えてくれました。

アニマル柄にしたのは、日本ではすでに流行っているデコケーキにアイディアをもらったとのこと。私も実際にいただいたのですが、スポンジはシフォンケーキの製法を応用してあるので、しっとりふわふわの食感が楽しめます。甘さが控えめなのも、スウェーデンのあま~いお菓子に慣れてしまった舌には新鮮です!

中に使用しているソースや果物のコンポートも一部手作りで、スパイスやナッツを効かせるなどして工夫しているそうです。

クリスマス後もケーキの販売は順調なよう。これからどんどんスウェーデンの人たちにも日本人好みの味を試してもらえたら、スウェーデンでの日本人の活躍の場が広がるかも!?

swedish_animalcake03

ロールケーキのご注文はTasty TexturesのFacebookページにて受け付けているそうです!

>>Tasty Textures Facebookページ