今回から新しくはじまった「北欧料理クラブ」シリーズでは、今後月イチ更新を目処に北欧の伝統的な料理や、北欧で好んで食べられている料理をご紹介していきます。

第1回は、スウェーデンの家庭でよく食べられている料理、ラグムンク(Raggmunk)です。先に言いますが、凄く美味しかったので絶対作ってみてください。

 

ラグムンクって?

Recipe_Raggmunk00

ラグムンクは小麦粉、牛乳、卵、そしてすりおろしたジャガイモをホットケーキのように焼いて作る料理で、スウェーデンのウステルユートランド地方を代表する料理です。普通は、焼いたベーコンとリンゴンべリージャム(コケモモのジャム)が添えられます。英語では「ポテトパンケーキ」と呼ばれ、似た料理がイギリスや中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ユダヤ料理にも見られるそう。

「ラグムンク」という言葉自体は1904年頃に登場した言葉で、特別古いものではないそう。「ラグ」は「サクサク」、「ムンク」は「ムンクパンナ(フライパンの一種で数個の穴が開いているもの)」という意味です。

スウェーデンでは、品揃えのよい店では加工されたラグムンクミックス(素)を買えることもあるようです。それだけ現地では一般的なんですね!

 

 材料

Recipe_Raggmunk01

  • じゃがいも 400g
  • 厚切りベーコン 100g
  • 小麦粉(薄力粉) 大さじ2.5くらい
  • 牛乳 150ml
  • 卵 1個
  • 塩 少々
  • バター ひとかけ

 

作り方

Recipe_Raggmunk11

  1. じゃがいもは皮を剥いてから全てすりおろす(千切りor みじん切りでもOK)。
  2. 小麦粉と塩、牛乳をボールに入れ、よく混ぜる。
  3. 卵を加えてさらに混ぜる。・・・[1]
  4. じゃがいもを加える。
  5. フライパンにバターを溶かし、ベーコンの両面をこんがりと焼く。
  6. ベーコンの上から[1]を流し込み、焼く。
  7. 焼き色がついたらひっくり返し、反対側もしっかり焼く。
  8. 裏面にも焼き色がついたら、お皿に盛って完成。
  9. リンゴンベリージャムを添えるのが、スウェーデン流!

※ポイント:ちょっと焦がしめくらいのイメージで焼いた方がカリッとして美味しいです。

 

感想

Recipe_Raggmunk09

今回はじゃがいもをみじん切りにして作ってみたのですが、見た目はお好み焼きのように、味はハッシュドポテト風に仕上がりました。その後別の機会にすりおろして作ってみた時には、見た目も味も食感も、いよいよお好み焼きのようでした。みじん切り、すりおろしのいずれにしても、じゃがいもとベーコンの相性が抜群で、これをおかずにすれば何杯でもご飯が食べられそうです。

実はベーコンは本来、塩漬けにされたベーコン(Stekfläsk)を使うそうなのですが、日本ではなかなか手に入らない食材なので、普通の厚切りベーコンで代用しました。普通のベーコンで十分美味しいと思います!

比較的家に常備している食材ですので、何を作ろうか迷った時にでも一度作ってみてください。

それでは、スウェーデン料理ラグムンクでヒュゲリなひとときを。