冬が終わり、外で体を動かしたくなってくるこの時期、スウェーデンでは毎年ストックホルムマラソンが開催されます。18歳以上なら誰でも参加できる市民マラソンで、1979年から続く歴史ある行事。今年は5月31日に行われます。ホームページによると今年は21,942人、92カ国の参加者がいるほどの人気イベントになっているそうですが、それもそのはず。42.195kmのコースが素晴らしいのです。

Stockholm_Marathon02

画像:ASICS Stockholm Marathon: Hem

国立公園のユールゴーデン(Djurgården)、中世の町並みが色濃く残る旧市街ガムラ・スタン(Gamla Stan)、ノーベル賞授賞式の日に晩さん会が開かれる市庁舎やオペラ座を走り抜け、ゴールを迎えてくれるのは1912年のストックホルムオリンピックにあわせて建てられたオリンピックスタジアムなのです。どれも超がつくほど有名な観光地、豪華すぎる・・・。

Stockholm_Marathon01

画像:ASICS Stockholm Marathon: Hem

さらに、6時間以内に完走できた参加者はもれなく立派なメダルがもらえたり、参加者は当日、行きも帰りも市内の公共交通機関が無料で利用できたりすることも魅力。

また、給水所で配られる飲み物のコップは土に還る素材を使用しているということで、環境への配慮も徹底しています。

あらゆる面で至れり尽くせりなこの市民マラソンに、筆者も体力をつけて参加してみたい!

参考:
ASICS Stockholm Marathon: Hem