幼いころ、5月後半から6月にかけての今の時期を、僕は梅雨であると教わりました。しかし何ですか、この連日の30度超え!連日の真夏日・・・。うなだれたくなるような暑さから逃れるために、僕は妄想を始めることにしました。妄想のテーマは「夏にこそ行きたい北欧の観光地」です。

ということで本記事では、夏がベストシーズンである北欧の観光地に行く僕の妄想にしばしお付き合いください。

※なお、記事中の【開園期間】【ベストシーズン】は過去のデータを元にしています。最新の情報は、それぞれの公式サイトなどでご確認ください。

 

1.ソグネフィヨルド(ノルウェー)

hokuonatsu2014_01

画像:Sognefjord – the Largest Fjord in Norway | Places To See In Your Lifetime

ノルウェーと切っても切り離せないのが壮大なフィヨルドですが、いくつもあるフィヨルドの中でも絶対に外せないのがソグネフィヨルド。全長204キロ、最深部1,308メートルはいずれもヨーロッパ最大です。

実はソグネフィヨルド、ノルウェーの5大フィヨルドの中では唯一、1年中訪れることが出来るのですが、やっぱりベストシーズンは夏です。花が一面に広がる光景を見ることができるそうですよ。綺麗だろうなあ、癒されたいなあ。

[Information]
ソグネフィヨルド
ベストシーズン:6~8月ごろの夏季。
行った気になれるサイト:Sognefjord – the Largest Fjord in Norway | Places To See In Your Lifetime

 

2.チボリ公園(デンマーク)

hokuonatsu2014_02

画像:Front page – Tivoli

デンマーク、コペンハーゲンの中心にある遊園地、ご存知チボリ公園もオープンは夏季だけ。4月中旬~9月下旬までのみオープンですので、夏に北欧に行ける機会が今後あれば、ぜひ回っておきたいところです。

ここは友達と大勢で行きたいな。わああっと、叫んで回りたい。はしゃぎたい!

[Information]
チボリ公園
開園期間:4月中旬~9月下旬
行った気になれるサイト:Front page – Tivoli

 

3.ダーラナ地方(スウェーデン)

hokuonatsu2014_03

画像:Dalarna – Sweden – VisitSweden: The official guide to travel and tourism in Sweden

「ダーラヘスト」で有名なスウェーデンのダーラナ地方では、6月下旬開催の夏至祭を体験してみたいです。ダーラナ地方と言っても広く、シリアン湖の北側にあるムーラという町を文化的な中心地として、シリアン湖東にはリゾート地レートヴィーク、そしてスウェーデン第二の都市ヨーテボリなどもダーラナ地方ですが、初めて行くならやっぱりムーラかな。

伝統の衣装とか着て、自然まみれになりたい。

※6/20 ご指摘を頂いて取り消し線部分を修正しました

[Information]
ダーラナ地方
ベストシーズン:6月下旬の夏至祭期間。夏至祭の日は毎年変わるので、行く前に要チェック!
行った気になれるサイト:Dalarna – Sweden – VisitSweden: The official guide to travel and tourism in Sweden

 

4.ムーミンワールド(フィンランド)

hokuonatsu2014_04

画像:Muumimaailma | Muumimaailman kartta

日本人に人気のムーミン。フィンランドにムーミンワールドというムーミンのテーマパークがあることは北欧好きには周知の事実ですが、こちらも夏季のみの営業です。

フィンランド最南端の町、ナーンタリ沖に浮かぶ小さな島を、まるごとテーマパークとしてしまったのがムーミンワールド。園内には実物大のムーミンハウスや、ムーミンポストオフィス、ニョロニョロの洞窟、チルドレンズビーチ(水着持参で本当に泳げるビーチ!)など、「ワールド」という名に違わず、小さな世界が成立しているようです。

どうせ行くなら泳ぎたい。プチムーミンなお腹周りは、今のうちにスリムにしておこっと(笑)。

[Information]
ムーミンワールド
開園期間:6月上旬~8月上旬
行った気になれるサイト:Muumimaailma | Muumimaailman kartta

 

5.レゴランド(デンマーク)

hokuonatsu2014_05

画像:Billund in Denmark: Legoland | nomadicbrands

コペンハーゲンから電車なら2時間以上、飛行機だと50分ほどかけて行くビルンという町にあるレゴランドは、実は1968年にオープンしたとても歴史あるテーマパークです。オープン当初は3万8000㎡だった敷地が今では10万㎡に達するほど拡大し、観光客も世界中から訪れる人気スポットとなっています。

そんなレゴランドも、だいたい11月~3月まではお休みとなってしまう夏季限定営業。夏のうちに行っておかなきゃ。

[Information]
レゴランド
開園期間:4月~10月に開園。ただし、細かくお休みの日もあるようです。
行った気になれるサイト:Billund in Denmark: Legoland | nomadicbrands

 

6.ゴットランド島(スウェーデン)

ゴットランド島

魔女の宅急便の舞台になり、一躍注目を浴びたゴットランド島。こちらも北欧の人にとっては夏のリゾート地として人気の高い場所です。ゴットランド島については、以前ヒュゲリニュースでご紹介した記事が1番詳しくて、行った気になれると思います。

>>『魔女の宅急便』の舞台にもなった念願のゴットランド島へ!

・・・行った気になってきました。展望台からの眺めがサイコーですね。ため息でちゃいます、はあ。

[Information]
ゴットランド島
ベストシーズン:夏のリゾート地です。
行った気になれるサイト:『魔女の宅急便』の舞台にもなった念願のゴットランド島へ!

 

7.デュアハウスバッケン(デンマーク)

hokuonatsu2014_07

画像:デュアハウスバッケン(デンマーク コペンハーゲン3) – 北欧Travel Diary(北欧好き夫婦のぶらぶら旅行記) – Yahoo!ブログ

コペンハーゲンにある歴史的な遊園地デュアハウスバッケン。こちらも夏季限定営業ですが、最大の特徴は古いこと!オープンは1746年で、現在稼働中のものでは世界最古の木造ジェットコースターがあります。

スリル満点で乗ってみたいけど非常に怖いので、どなた試してきていただけませんか?

[Information]
デュアハウスバッケン
開園時期:3月中旬~8月末
行った気になれるサイト:デュアハウスバッケン(デンマーク コペンハーゲン3) – 北欧Travel Diary(北欧好き夫婦のぶらぶら旅行記) – Yahoo!ブログ

 

8.トロムソ(ノルウェー)

hokuonatsu2014_08

画像:Tromsø

最後はトロムソで白夜を体験してみたい!です。正直なところ、白夜を体験できる北極圏の町ならばどこでもいいというのが本音ですが、どうせ行くなら北極圏最大の町で、かつ「北のパリ」の異名を持つトロムソに行ってみたいじゃないですか。

[Information]
トロムソ
ベストシーズン:夏の期間は白夜が、冬の時期は極夜があり、更にオーロラを見ることもできます。
行った気になれるサイト:Tromsø

 
以上、夏の北欧妄想旅でした。どこも理想的すぎていつか本当に北欧に行く機会に恵まれた時は、どこに行かないかで迷ってしまいそう。

そして最後に、「北欧には行けないけど北欧っぽい夏を過ごしたいよ!」というあなた!ヒュゲリニュース主催イベント『北欧流 夏の過ごし方』を6月29日に大阪の万博公園で開催します。これまでヒュゲリニュースやスマイルアイルズのイベントに参加されたことがない方でもお気軽にお越しくださいね!詳しくは、イベント告知記事と下のFacebookページまで!

nordic_summer_ivent02