突然ですが、みなさんは天使を見たことがありますか。私はありません。そもそも天使なんて本当に存在するのかどうかも怪しいと思っていました。

ところが!!実在したんです。デンマークがひとりの天使をこの世に送り込んでくれました。

彼女の名はスィセル・ラスムセン(Sidsel Rasmussen)。存在が一躍知れ渡ったのは、中国のテレビ番組「天天向上」にデンマーク王立バレエ団の少年少女が出演したときのこと。そこにひときわ輝く猛烈に美しい少女がいることを視聴者が発見したのです。そのときの画像がこちら。

tenshisugirubareeshoujo01

いかがでしょうか。真っ白な肌にうっすらと赤みがかった頬。澄んだ青い瞳に金色の髪の毛が映えています。さらに、頭には高貴さを漂わせる花冠。私もみなさんも、天使が実在することの生き証人になることができたのではないでしょうか。

しかし話はそこだけにとどまりません。私たちはあまりに現実離れしたものを目の当たりにしてしまうと自分の目を疑ってしまい、「真実」を求めてしまうもの。そう、たとえば「すっぴん」とか。中国の視聴者たちはこぞってインターネットで彼女のすっぴん画像を探しあさり、instagramにてみごとに発見します。その画像がこちら。

化粧顔とすっぴんとの落差が激しすぎる、という意見が大半を占める一方で、すっぴん顔に見られる少女のあどけなさがかわいいという意見も根強いそう。私も実は「すっぴん」派です。

また、ふだんあまり化粧をする機会がない男性にとってはこの差はかなりの驚きだったのでしょうが、化粧をすることが多い女性にとっては、意外と理解可能な範囲の差なのかなと思ったりもします。

みなさん、どう思われますか?そして、「メイクアップ」と「ノーメイク」、あなたはどっち派?

参考:
デンマーク王立バレエ団で “天使すぎる少女” が激撮される → ネットユーザーがマッハで捜索 → すっぴん画像を発掘 → 「完全に別人」と話題 | ロケットニュース24
中国のテレビ番組出演で人気急上昇中のデンマーク美人 | 新華ニュース 中国ビジネス情報