コンピューターゲームが子ども達の英語学習に役立つことがスウェーデン・ヨーテボリ大学とカールスタード大学の研究により明らかになりました。

Games make you better at English
画像:Computerspil gør børn bedre til engelsk | viden | DR

スウェーデンの小学4年生75人を3つのグループ(ゲームをしない/毎日1-5時間ゲームをする/毎日5時間以上ゲームをする)に分けて調査を行ったところ、プレイ時間が長くなればなるほど、生徒達の英語力に伸び(ボキャブラリーの増加)が見られたそうです。そしてそれが他のオンラインプレーヤーと協力するRPG(ロールプレイングゲーム)であればさらに伸びが大きいとのこと。

以前、高学年対象に調査を行った際にも同じ結果が得られたようで、今後はさらに調査対象人数を増やして、この研究を継続していくそうです。

僕も3歳の頃からRPGをしていてその中で国語と算数を学びましたが、今はインターネットのおかげで国境を越えた仲間と、英語を通じて協力し合うことを学ぶことが出来る時代なんだなと感じます。

参考:
Computerspil gør børn bedre til engelsk | viden | DR

forskning.no > Spiller seg til bedre engelsk