あまり日本ではニュースになっていませんが、8月に入ってから2週間近く地震が続いていたアイスランドのヴァトナ氷河北部で、8月29日に噴火があったそうです(それ以前から氷河の底で噴火は始まっていたそうですが、氷河の割れ目から噴火したのが29日)。

なお、現在はおさまっているとのこと。

ヒュゲリニュースは火山の専門家ではないため、詳細は下記する2つのサイトをご確認頂きたいと思います。

※リアルタイムに起きている噴火のため、本記事に記載した情報に誤りがある可能性もあります。もし情報に誤りがあると判明した場合、速やかに修正させていただきます。