世界のいろんな家や暮らし方について紹介するウェブメディア『YADOKARI』さんで、北欧のサマーハウスから豊かな暮らしについて学ぶという特集が掲載されているのを拝見しました。幸福度やセカンドハウスの所持率に関するデータを交えながら研究されていて、なかなか興味深くウォッチしています。

yadokari_hokuo01

画像:【特集コラム】第1回:本当の豊かさとは何か? 北欧「夏の家」に学ぶ、暮らしのヒント | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。

全4回構成の特集の内、この記事を書いている9月13日現在で第3回までが更新されているようなので、これまでの各回のポイントご紹介!

第1回では、『本当の豊かさとは何か? 北欧「夏の家」に学ぶ、暮らしのヒント』と題して、まずは「北欧は幸福度が高い」と言われる理由に迫っています。国連による世界幸福度ランキングにおいてデンマークが1位、ノルウェーが2位、スウェーデンが5位、フィンランドが7位とされることに対し、記事では次のように考察しています。

日本との点数の分かれ目がどこにあるのかを考えてみると、「頼れる人の存在」や「人生の選択の自由度」というところに満足度や幸福度のヒントがありそうです。

引用:【特集コラム】第1回:本当の豊かさとは何か? 北欧「夏の家」に学ぶ、暮らしのヒント | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。

また、高い税金の代わりに受けられる質の高い福祉&教育があることや、人生における選択の自由度が高いこと、そしてメリハリをつけて働き、夏季休暇もしっかり取る北欧のワークスタイルなどにも触れています。

第2回では、『自分流を手に入れる! 北欧「夏の家」スタイルいろいろ』として今度はスウェーデンのサマーハウスが紹介されています。

もちろんピンキリですが、スウェーデンの住宅の適正価格は2,700万円ほど。ストックホルム中心部で、少し大きめのアパートの一室を買うには3,000万円ちょっと必要です。「夏の家」なら、エリアや規模によって値段はさまざまですが、600万円くらいから手に入れることができます。

引用:【特集コラム】第2回:自分流を手に入れる! 北欧「夏の家」スタイルいろいろ | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。

このように、具体的な価格なども掲載されていてとっても勉強になりますよ。

第3回の『【特集コラム】第3回:「夏の家」にも地域性はある?北欧の巨匠建築家と世界の「夏の家」』では、今度はスウェーデン以外の北欧の国としてフィンランドやデンマークまで、更には東欧やロシアまで範囲を広げてサマーハウスを紹介されています。どの家もアルヴァ・アアルトやアルネ・ヤコブセンといった北欧の巨匠たちによるデザインが美しく、見ているだけでも豊かな気持ちになれそうです。

今後公開される最終回では、これまで北欧の事例から学んできたことを踏まえて日本で豊かな暮らしを手に入れるためにどのような可能性があるかを考えていくそうなので、楽しみに待ちたいと思います。記事を読んで「いいな~」と思われた方は、来年の夏に向けてサマーハウスの購入をご検討されてはいかがでしょうか(笑)?

参考:
【特集コラム】第1回:本当の豊かさとは何か? 北欧「夏の家」に学ぶ、暮らしのヒント | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。
【特集コラム】第2回:自分流を手に入れる! 北欧「夏の家」スタイルいろいろ | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。
【特集コラム】第3回:「夏の家」にも地域性はある?北欧の巨匠建築家と世界の「夏の家」 | 未来住まい方会議 by YADOKARI | ミニマルライフ/多拠点居住/スモールハウス/モバイルハウスから「これからの豊かさ」を考え実践する為のメディア。