11月3日から11月14日までスウェーデン大使館内のベルイマン展示ホールにてスウェーデン南部の西海岸に位置するハッランド県出身アーティストが手がけた作品の展示会が開催されます。ハッランドは日本でいう『県』に相当するレーン(län)と呼ばれる規模の地域で、人口は約31万人弱とされています。(2014年6月30日時点)

love-Halland01

今回、日本へやってきた作品を手がけたのは20人のアーティスト。ジャンルはスカンジナヴィア伝統の模様が特徴的な編み物、白樺の樹を丁寧に彫って作られた白樺細工、洗練された磁器製のランプなど様々です。今回の展示会のパンフレットにとても印象的な紹介がありました。

-夏、太陽が沈まないスウェーデンでは光が常に存在します。一方、冬は暗闇に覆われ屋内で過ごす時間が多くなります。この冬こそ、家に集まり、手工芸をする季節です。日常使用する実用的なものと、その他の装飾目的のオブジェクトが生み出されます。-

引用:展示会パンフレットより

今回の展示会のテーマは『四季』。20人のアーティストがそれぞれ独自の素材と技術を用いて四季をテーマに製作した作品が楽しめます。日本と同様にうつろう四季を楽しむことができるスウェーデンからやってきた作品を眺めながら、時間を過ごすのもいいかもしれませんね。

[Information]
Handmade with love-Halland to Tokyo 2014
日程:2014年11月3日(月・祝)〜11月14日(金)
時間:9時~12時半、13時半~17時、土日は閉館
場所:スウェーデン大使館内ベルイマン展示ホール
入場料:無料
http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/4/News-jp/Handmade-with-love–Halland-to-Tokyo-2014–sys/

参考:
Tokyo | SwedenAbroad
Hallands län – Wikipedia