あなたは北欧食器といえばどのブランドを思い浮かべますか?

有名なブランドはいくつもありますが、『イッタラ』は絶対と言ってよい程思い浮かぶのではないでしょうか。

イッタラは、フィンランドのインテリア食器ブランドで、これまで数多くの作品を排出し、フィンランドを始めとする世界中の食卓を彩ってきました。イッタラ商品の中でも特に有名なのが、アカデミア書店やフィンランディアホールなどの建物を手がけたフィンランドの有名建築家アルヴァ・アアルトがデザインしたフラワーベース、アアルトベースです。イッタラをご存知ない方でも今までに1度は目にしているのではないでしょうか?

iittalabase01
Photo by Sami Taipale

他ではなかなか見ない形のフラワーベースですが、角度によっては光の入り方が異なりガラスの色の濃さの違いを楽しめ、また、しなやかな曲線から温かな雰囲気を感じることができ、とても魅力的な作品になっています。

そんな有名なアアルトベースを製造しているイッタラから、なんと新しいフラワーベースが発売されました!(日本での販売は未定) その名も『ルートゥ(Ruutu)』、フィンランド語で「ダイヤモンド」「四角形」という意味です。

Ruutu01
画像:Iittala – Press Releases – Demanding simplicity

「四角形」と言うくらいですから正方形や長方形かと思いきや、実はひし形をしています!7色、5サイズの豊富なバリエーションで展開しており、これらを自由に組み合わせて使用することで、様々な表情を見せてくれます。どのサイズでもお互いにフィットするので、ルートゥベースをいくつ組み合わせてもひとつの作品として仕上げることができます。

日本でも早く発売されるといいですね。

その際は是非自分だけのルートゥの組み合わせを探してみてください。

参考:
Iittala – Press Releases – Demanding simplicity
Tulips | Flickr – Photo Sharing!