こんにちは!今回はスウェーデンのアカペラグループ「クラヤ(Kraja)」をご紹介します。

Kraja01

2005年にデビューしたクラヤは女性4人で構成され、そのグループ名はサーミ語(ラップランドに住む少数民族の言語)で“追い求める場所”という意味だそう。今年6月に来日公演をおこなったので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

彼女たちの特徴は何といっても、メンバーひとりひとりの確かな歌唱力に裏づけられた圧倒的なハーモニーの美しさにあります。まずはお聴きください。

様々な感じ方があるとは思いますが、第一音が聞こえた瞬間に空気がピリッとして、荘厳で優しい彼女たちの歌の世界に引き込まれたというのはみなさんに共通するのではないかと思います。それはまさに北欧の大自然を表現しているかのようです。

デビュー以来、その歌声で着実に評価を高めていき、2011年に発表されたアルバム「ブルサンド・ハヴ(Brusand hav)」は日本でもヒットして話題となりました。翌年2012年に日本で初めてのコンサートを成功させ、今年6月の来日公演へとつながるのです。

そんな彼女たちのドキュメンタリー番組が11月にNHKで放映されるという情報もキャッチしました。公式発表はまだですが、スウェーデンのテレビが発表した情報によれば、日本人取材チームによる3週間の密着取材を経ての1時間番組となるようです。彼女たちの魅力はもちろん、スウェーデンの美しい風景も楽しめるのではないでしょうか。期待大ですね!詳しい情報が入り次第、またお伝えします。

参考:
Kraja
Gör japansk film om Kraja | Västerbottens-Kuriren
クラヤ Kraja – Harmony Fields
Kraja – Wikipedia