フォルケ / フォルクってなに?

北欧留学をお考えの方へ』のページで見てきたように、北欧の教育事情は日本とは異なります。

このページでは、成人教育機関として北欧に根付くフォルケホイスコーレ(デンマーク)、もしくはフォルクフーグスコーラ(スウェーデン)について、詳しくご紹介します。

デンマークの「フォルケホイスコーレ」

「フォルケホイスコーレ」と呼ばれる成人教育機関が、現在(2015年5月)デンマーク全土に約70校あります(日本では「フォルケ」、デンマークでは「ホイスコーレ」と呼ぶことが多い)。

いわゆる「学校」なのですが、原則17歳半以上(学校によっては制限あり)であれば誰でも入学可能です。入学試験もなければ、在学中の試験もなく、成績表もありません。遠足やグループでの活動も多く、自分の興味関心を刺激しながらゆったりと時間を過ごします。

フォルケホイスコーレはデンマーク発祥の成人教育機関で、基本的には全寮制です。フォルケホイスコーレで過ごす最大の目的は、今までの生活から少し離れて新しく出会った仲間達とともに共同生活を送り、対話を通じて「自分を学ぶこと」、そして「自分を知ること」とされています。

期間は1週間の短期コースから10ヶ月の長期コースまで幅広いです。短期コースには大人の参加者が、長期コースには若者が参加する傾向があります。

費用はコースによって異なりますが、短期コースの場合の費用(授業料、部屋代、食費[1日3食])の目安は9〜10万円程度、長期コースの場合は月12万円程度です。

学べる科目は、デザイン、手工芸、テキスタイル、写真、インスタレーション、彫刻、芸術、ビジュアルアート、建築、グラフィック、音楽、歌唱、演劇、ダンス、文学、語学、哲学、教育、心理学、歴史、文化、宗教、社会、政治、旅行、コミュニケーション、メディア、映画、自然、アウトドアライフ、自然科学、数学、体育、体操、球技、スポーツ、アウトドアスポーツ、セーリング、水上競技、健康、食、ライフスタイル、自己啓発など、多岐に渡ります。

授業に関して特徴的なことは、テキストを使うのではなく「会話が中心」ということです。ただ、試験も成績表もないので、目に見えたキャリアアップを目指す人には向いていません。

それでもデンマークだけでなく、他の国からもフォルケホイスコーレに滞在しにくる人が後を絶ちません。それはなぜなのか。

それは、目先の利益だけでなく、対話を通じて「自分を学ぶこと」、そして「自分を知ること」ができる時間を、多くの人が求めているということではないでしょうか。

これこそまさに、フォルケホイスコーレが「生のための学校(Skolen for livet)」と呼ばれる理由です。

スウェーデンの「フォルクフーグスコーラ」

「フォルクフーグスコーラ」と呼ばれる成人教育機関が、スウェーデンには現在(2015年8月)151校あります。

原則18歳以上を対象とした成人教育機関です。スウェーデンのフォルクフーグスコーラには、3タイプの長期コース(3週間~3年)と、13歳以上が参加可能な、夏休みや週末、数週間のみの短期コース(1日~14日)があります。

3タイプの長期コースには、大学などに進学するための資格を修得することを目的とした普通科コース(アルメンクシュ)、音楽や観光などある事柄に特化した特別コース(プロフィールクシュ)、ジャーナリストや手話通訳者などある職業を目指す職業教育コースがあります。

デンマーク同様、スウェーデンのフォルクフーグスコーラは、様々なバックグラウンドをもつ者同士の会話を重視しています。政府から決められた学習指導要領をもたないため、コース内容を生徒と教師が一緒に自由に作ることができ、知識をつけることだけではなく、「人として成長する」ことを目的にしています。

会話を重視している点から、授業だけでなく生活を共にすることを大切に考えており、多くの学校では校内に寮があります。

費用は、コースや開催期間、寮のタイプによって異なりますが、短期コースの場合の費用(授業料、部屋代、食費)の目安は7~8万円程度、長期コースの場合は月7万円程度です。

学べる科目は、デザイン、手工芸、テキスタイル、陶芸、写真、ダンス、音楽、絵画、文学、彫刻、鍛冶、演劇、木工、野外活動、体育、家庭科、エコロジー、自然科学、造園、国際、言語、通訳、観光、IT、映像、ジャーナリズム、コミュニケーション、音響、メディア、ラジオ、経済、ジェンダー、持続可能な開発、文化、リーダー育成、宗教、警察、社会科学、心理学、看護など、多岐に渡ります。

スウェーデンの場合は、大学進学のために就学している場合もあり、学校やコースによってはコース内で独自の試験を課している場合があります。しかし、試験結果が成績としてつけらるのではなく、あくまでどれだけ成長したかの目安とされています。

自分がしたいことが分からない、したいことがあるけれど本当に合っているのか分からない、次の目標のためのステップアップといういう人が、フォルクフーグスコーラで学んでいます。

まとめ

フォルケホイスコーレ、フォルクフーグスコーラという北欧独自の教育機関について、ご理解いただけましたか?

ここまで読んでみて、フォルケホイスコーレ、フォルクフーグスコーラへの留学に興味をお持ちの方はトップページに戻り、国別・目的別のカテゴリからあなたに合う学校を探してみてください(2015年8月現在、スウェーデンのフォルクフーグスコーラコンテンツは鋭意制作中です。もうしばらくお待ちください)