ただいまデンマークは、夏真っ盛りの観光シーズン。そして、首都コペンハーゲンの観光スポットの中でも人気なのが、
遊園地のチボリ公園(Tivoli)です。大人にも子供にも愛されているチボリ公園の、嬉しいニュースが舞い込んできました!

先日マルグレーテ女王の記事を書かせていただきました、Kiidefです。

2018年、チボリ公園がオープン175周年を記念して、待望の冬季営業を始めることが決まりました。

tivoli illumintation
(写真:Guillaume Baviere | Flickr

チボリ公園のオープン期間

新しく追加される営業期間は2018年2月2日から2月25日です。

デンマークでいうと、ちょうど冬休みとバレンタインのシーズンですね。

チボリ公園はいままで4月から9月、ハロウィーン、そしてクリスマスの3シーズンのみの営業でした。
日本の感覚でオールシーズン営業しているかと思いきや、暗い冬をもつデンマークらしく、冬場はクリスマスを除いてほとんど閉まっています。

寒い中での屋外の活動全体があまりさかんではないのでしょう。

筆者もあまり調べずにチボリ公園に行って、開いていなかった苦い経験があります……。

christmas-in-tivoli_original1
(写真:Visit Denmark

チボリ公園で体験できるアトラクションは?

冬場の営業では、アトラクションやミュージカルなどのほか、アイスリンクなどが利用できるようです。
おしゃれなチボリ公園でアイススケートができるのは、冬ならではですね!

アトラクションの詳細については、今後の公式サイトからの発表を楽しみにしておきましょう。

チボリ公園の最高責任者であるラース・リーブスト(Lars Liebst)さんは、冬の営業開始についてこうコメントしています。

「私たちは従来の3つのシーズンから4つに増やすための努力を何年も重ねてきた。
冬というあまり見るもののない時期でも、デンマーク国民や外国人旅行者にコペンハーゲンに来るよう促せるんだ。
来年2月の新シーズンがはじまれば、季節的なビジネスから、1年を通したビジネスになる。
チボリ公園が営業していることによって、周辺のレストランやお店も活性化させられるだろう」

tivoli
(イラスト:Tivoli | JYLLANDS-POSTEN

冬のデンマークもオススメできる理由!

子供だけでなく大人も全力で遊ぶことのできるこのチボリ公園は、娯楽の少ないデンマークにとってこれから冬の名物にもなっていくかもしれませんね。

まだまだ半年以上先の話題になってしまいましたが、冬のデンマークはろうそくが灯る心地のいい場所です。

冬ならどこでも混雑なしにスイスイ入れるし、チボリ公園も含めて、旅行にいくなら実は狙いどきですよ!

 

参考:

TIVOLI UDVIDER ÅBNINGSTIDEN MED NY VINTERSÆSON I 2018 | Tivoli

Tivoli fejrer 175 år med stor udvidelse: Slår dørene op i vintersæsonen | JYLLANDS-POSTEN