ヘラジカといえば、スウェーデンを代表する動物ですよね。
「校内にヘラジカが迷い込んだ」とか、「酔っ払ったヘラジカが玄関を塞いでいて家に入れない」とか・・・
なにかと話題になることの多い、スウェーデンではお馴染みの動物です。

そういえば、ストックホルムのお土産屋さんにもヘラジカモチーフのものがたくさん並んでいた記憶があります。

大きな平たい角が特徴で、毛の色は茶色・・・というのが普通なのですが、ここ最近珍しい「白いヘラジカ」が目撃され、スウェーデンだけでなく世界中で話題になっています!
white elk
(写真:Hans Nillson|SVT NYHETER

 

美しすぎる白いヘラジカ

体だけでなく角までも曇りなく真っ白なヘラジカ。
馴染みのある茶色のヘラジカと全く異なる雰囲気があります。
神々しい姿ですが、実はとても可愛らしいシーンも撮影されているんです!

スウェーデンのニュースサイトでは、白いヘラジカが水浴びしたあと、ぶるぶるっと体を震わせ水を飛ばす様子が見られるのでぜひチェックしてみてください。

どうしてこんなに話題に?

今回白いヘラジカが目撃されたのは、ノルウェーに近いヴァルムランド地方(Värmland)です。
撮影に成功したのは、地方議員のハンス・ニルソン(Hans Nilsson)さん。
もともと白いヘラジカがいることは有名で、ハンスさんは実際に白いヘラジカを見てみたいと思っていたんだそう。

その夢が叶って白いヘラジカに遭遇したハンスさんは、別日にカメラを持って出かけたところ、撮影にまで成功してしまったのです。

ハンスさんのSNSへの投稿はたちまち世界に広がり、話題になったというわけです。
それにしてもなんてラッキーなのでしょうか。

白いヘラジカの次は白いトナカイ!?

実は白いヘラジカが話題になったあと、ノルウェーからスウェーデンに向かう道のりで「白いトナカイ」が撮影されニュースを賑わせています。

ヘラジカはわかりませんが、サーミ人の言い伝えでは白いトナカイは重要ななにかが起こる前触れとされているそう。(しかも良い知らせと悪い知らせ、どちらの可能性もあるそうです・・・)
white deer
この神々しい姿を見ればそんな言い伝えがあるのも納得ですよね。

参考:Den vita älgen – en viral värmländsk världskändis|SVT NYHETER

Efter att vita älgen gjorde storsuccé – här kommer den vita renen|SVT NYHETER