みなさんは『虫を使ったパンが発売された。』と聞いて何を思うでしょうか。
まさか「食べてみたい!」と初めから思う方はいませんよね?(いらっしゃったらすみません・・・。)
私がこの衝撃的なニュースを耳にしたのは、ある土曜日の朝でした。
休日出勤のためお弁当を作っていたら、テレビからこんな文句が聞こえてきたのです。

―――『北欧フィンランドで世界初となるコオロギを使ったパンが発売されました』

えええええええ!?コオロギ!?

cricket bread
(写真:Youtube)

調べてみると、なんとムーミンチョコレートやゲイシャチョコレートで有名なフィンランドの食品会社「ファッツェル」が、このパンを発売したとのことでした!

コオロギのパンといっても、コオロギがそのままの形で入っているわけではなく、乾燥させて粉にしたものが使われているとのことで、見た目は普通のパンと変わらないのだそう。パン一本あたり約70匹のコオロギが使われていて、通常の小麦のパンよりタンパク質が多く含まれているそうです。価格は3.99ユーロ(約530円)程で、小麦のパンより少し高めですが、発売してから完売が続いているみたいですよ!

なぜコオロギ?気になるお味は?

気になるこのコオロギパンの味について、このパンを試食した方からは「普通のパンの味。違いがわからない」、「美味しい」との声があるそうです。

また、なぜ虫を使ったパンを開発したかですが、ファッツェル・ベーカリーズの開発責任者は「消費者に優れたタンパク源と、昆虫を使った食品に慣れ親しむ手軽な方法を提供する」と話しています。

確保できるコオロギの数が限られているため、しばらくはフィンランドの首都ヘルシンキの店舗のみの販売になるそうですが、将来的にはフィンランド全土の販売を目指しているそうです!

見た目は普通のパンですし、食べられるかも?(笑)

※ちなみにパン以外にコオロギピザも作られたそうです。こちらは写真のとおり、割とそのままコオロギが乗っています。

cricket pizza
(写真:Fazer

参考サイト:

世界初の「コオロギパン」、フィンランドで発売|REUTERS

コオロギの粉末で作ったパン販売 フィンランド | NHKニュース

Fazer serves vegetarian treats and cricket pizza at Slush|Fazer