一時期、デンマークの硬貨には全てハートマークが入っていると話題を呼んだことがありました。
デンマークにも日本と同じように紙幣と硬貨の2種類のお金があります。
ところが、デンマークの通貨と紙幣が実はデンマークでは製造されなくなるそうです。

denmark billsncoins
<画像:DR.dk>

デンマーク国立銀行がこの度、デンマークの紙幣をフランスで製造することを発表しました。
実際にフランスで製造される紙幣が流通するのは、2020年頃になるとのことです。

デンマーク国内での貨幣製造中止の背景とは??

2017年のデンマークのGDPが約3253億クローネに対して、硬貨と紙幣の流通量はたったの71億クローネで、たったの2%程度。
ほとんど硬貨と紙幣が使用されていないような状況です。
このことを見越してか、2016年末にはデンマーク国立銀行は硬貨と紙幣を製造する機械の売却計画を発表していました。

実は既に・・・硬貨はフィンランド産

通貨製造機の売却発表とともに、フィンランドのメーカーMint of Finlandにデンマーク硬貨の製造を委託することが2016年に発表されました。
ハート柄の可愛らしい硬貨がフィンランド産になっていたとは驚きです。

そして、デンマーク国立銀行は、硬貨と紙幣を海外で製造することにより、年間2000万クローネ(日本円で約3億5000万円)のコスト削減を見込んでいるそうです。

デンマークではお金以外にも、おもちゃのレゴや食器のロイヤルコペンハーゲン、ジュエリーのパンドラが海外に生産拠点を移しています。

普段手にするお金だけでなく、生活を彩る様々なものが国内ではなく海外で製造されるのは少し寂しいですね。

参考:

Vi får franske pengesedler|DR.dk
Nationalbanken sætter mønt- og seddelmaskiner til salg|DR.dk
Nationalbanken gør som Vestas, Pandora og Lego – flytter produktionen til udlandet|DR.dk
Denmark GDP | countryeconomy.com