本格的にクリスマスシーズンに入り、気持ちが高まってきますね。
今回は、みなさんの気持ちをもっとワクワクさせてくれる、「北欧の代表的なクリスマス料理」についてご紹介します。

みなさんは、どの料理が食べてみたいですか?

デンマークのクリスマス料理

Flæskesteg(フレスケスタグ:豚肉のカリカリ焼き)

flaeskesteg
<画像|VORESMAD.dk>

メインディッシュとなるのは、グレイビーソースで食べるFlæskesteg。
カリッと焼いた豚肉と濃厚なソースで、いくらでも食べられそうです。
そして、そんなお肉料理とあわせて食べたいのが?

Æbleskiver(エブレスキュー:パンケーキボール)

aebleskiver
<画像|NORDIC FOOD & LIVING>

デザートとして食べられることの多いÆbleskiver。
日本、特に関西の方なら、たこやき器を使って簡単に作ることができます。
粉砂糖やジャムと合わせて食べるのが一般的。
そして、クリスマスの時期に飲まれるのは、おなじみ…

Glogg(グルッグ:ホットワイン)

gloegg
<画像|POLITIKEN.dk>

日本でも知名度の上がってきたホットワインです。
シナモンやカルダモンなど、香辛料が入っているのが特徴。

ノルウェーのクリスマス料理

Ribbe(リッバ:豚バラのオーブン焼き)

ribbe
<画像|MatPrat.no>

オスロなど、ノルウェー東部でよく食べられるクリスマス料理。
経験者によると、「少し脂っこいけど、日本人好みの料理」だとか。

Pinnekjøtt(ピンネキオット:ヒツジ肉の塩漬け)

pinnekjoett
<画像|MatPrat.no>

ベルゲンなど、ノルウェー西部で食べられるクリスマス料理。
クリスマスには、お肉を食べることが多いようですね。

Lutefisk(ルーテフィスク:タラの灰汁漬け)

lutefisk
<画像|MatPrat.no>

ノルウェー北部でよく食べられるクリスマス料理。こちらは魚です。
上にポツポツ赤く見えているのは、ベーコンですね。
淡白な見た目とは裏腹に、味の好みが分かれるのだとか。

以下の動画では、日本人がLutefiskを食べており、感想を言い合っています。5点満点中2点をつける人もいれば、5点満点の人もいますね。

スウェーデンのクリスマス料理

Julskinka(ユールフィンカ:クリスマスハム)

julskinka
<画像|Arla.se>

デンマークのFlæskesteg(豚肉のカリカリ焼き)と似ています。
ハムはスーパーやお肉屋さんで買えますが、仕上げに自宅のオーブンで焼き上げるのが、おいしさの秘密。

Julmust(ユールムスト:クリスマスコーラ)

julmust
<画像|Hemköp.se>

見た目も味も、コーラのようなJulmust。
クリスマス時期になると、このペットボトルがスーパーに山積みになります。

Janssons frestelse(ヤンソンス・フレステルセ:アンチョビグラタン)

janssons frestelse
<画像|Arla.se>

アンチョビとジャガイモで焼き上げたグラタン。
筆者の知る限り、「好きじゃない」と言った日本人を見たことがありません。

Pepparkaka(ペッパルカーカ:ジンジャークッキー)

pepparkaka
<画像|Mittkök>

シナモンなどの香辛料の効いたクッキー。
日本でも、IKEAやKALDIなどで購入できます。

アイスランドのクリスマス料理

Hangikjöt(ハンキキョト:ラム肉の燻製)

Hangikjöt
<画像|mbl.is>

「アイスランドのクリスマス料理といえば、これ」というぐらい、伝統的な料理。
ノルウェーではヒツジ肉の塩漬けでしたが、こちらでは燻製ですね。

Hamborgarhryggur(ハンボルガフリュッグル:豚肉のつや煮)

Hamborgarhryggur
<画像|SS.is>

デンマークのFlæskesteg(豚肉のカリカリ焼き)由来のクリスマス料理。
比較的最近、食べられるようになったそうです。

Malt og Appelsín(マルト・オ・アッペルシン:オレンジソーダ)

malt og apelsin
<画像|nammi.is>

アイスランドの飲料メーカーがつくる甘いソーダ「Maltöl」とオレンジジュース「Appelsín」を混ぜたソフトドリンク。
クリスマスといえば、大人も子どももコレを飲むそう。

フィンランドのクリスマス料理

Riisipuro(リーシプーロ:ミルク粥)

riisipuuro
<画像|kotikokki>

甘くて優しい味がします。お粥を作った鍋の中には一粒だけアーモンドが入っていて、自分のお皿の中にアーモンドが入っていた人は、幸せになれると言われています。

Joulutorttu(ヨウルトルットゥ:クリスマスタルト)

joulutorttu

手の平くらいの大きさのパイシートに、ジャムを包んで、いろいろな形に折って焼きます。
プルーンのジャムを使うのが人気。コチラの記事で、レシピもご覧いただけます。

Piparkakut(ピパルカクト:ジンジャークッキー)

スウェーデン語のジンジャークッキー「Pepparkaka」とつづりが似ていますね。
ちなみにフィンランドでは、クリスマス前にPikkujouluといって、忘年会のような感じでクリスマス会を行なうのが恒例なのだとか。
逆にクリスマス当日は、家族団らんで過ごすようですよ。

いかがでしたか?「絶対おいしそう!」なものから、「・・・?」といったものまで、いろいろありますね。
ここでご紹介している以外に、「この料理がおいしかった!」「こんな料理あるよ!」といったものがありましたら、ぜひお問い合わせFacebookから教えてください!

 

参考:

Traditional smoked lamb hangs onto its place on the tables of Icelanders over Christmas|Iceland Magazine
ICELANDIC CHRISTMAS TRADITIONS|What’sOn.is
The Icelandic Christmas Drink: Malt & Appelsín|mbl.is
ヒュゲリライターズ
北欧現地に住む友人・知人