2019年3月16日、埼玉県飯能市にムーミンバレーパークがオープンしました。
オープン日にさっそく行なってきたので、本記事では実際に見たパークの紹介や、当日のようすをお届けします!
ヒュゲリニュースでは、オープン直前インタビューも行っていますので、そちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

ムーミンバレーパーク、オープン直後のようすは?

名前の通り、まるでムーミンの世界にいるかのような気持ちにさせてくれるムーミンバレーパーク。
昨年11月に同じく飯能市にオープンしたメッツァヴィレッジをしばらく進むと、パークの入り口が見えてきます。

アトラクションや展示、ショップなどを通して、ムーミンの物語を追体験できる場です。

mvp2

初日のオープニングセレモニーでは、ムーミンの作者トーベ・ヤンソン氏の姪であるソフィア・ヤンソン氏や、上田埼玉県知事、大久保飯能市長などのスピーチの後、テープカットが行われました。

パークには、「はじまりの入り江エリア」「ムーミン谷エリア」「コケムス」「おさびし森エリア」という4つのエリアがあり、どこを見ても多くの人が並んでいました。
夢の国ならぬ、「夢の谷」 というべきでしょうか。

ムーミン屋敷の入場に並ぶ人々

ムーミン屋敷の入場に並ぶ人々

大人も子供も楽しめる展示施設「コケムス」

筆者が今回訪れたなかでも、特に面白いと思ったのが体験型の展示施設「コケムス」。
ムーミンの物語や登場人物、作者トーベ・ヤンソン氏の半生についての展示はもちろん、子どもと一緒に楽しめるものづくりワークショップルームや、カフェ、ムーミングッズを販売するショップがあります。

「コケムス」展示の階に着いた瞬間、目に入るムーミンの世界

「コケムス」展示の階に着いた瞬間、目に入るムーミンの世界

手を振ったり上に乗ったりすると展示作品が反応するインタラクティブな仕掛けが多くあるので、子ども向けかと思いきや、大人にも刺さるムーミンたちの言葉がたくさん壁に書かれていました。
たとえば、これ。

mvp5

他にどんなことが書かれていたかは、実際に訪れて確かめてみてください。
きっと、普段忘れがちな大事なことを思い出させてくれるはずです。

ムーミンのファンじゃなくても訪れる価値アリ

筆者はもともと大のムーミンファンというわけではなかったのですが、今回ムーミンバレーパークを訪れたことをきっかけに、もっと物語を知ってみたいと感じました。

トーベ・ヤンソン氏によるムーミン誕生までの道のりや、パーク内に仕掛けられているムーミンのちょっとした小ネタを目にし、足をつかって歩いてみることで、本当に物語を追っているような気分になるんです。

mvp6

パークの中心にあるステージでは、着ぐるみショーなども行われていました。 暖かくなったら、夏の時期のキラキラした北欧のように、さらに美しくなることでしょうね。ぜひ行ってみてください!

画像提供:Masato Sezawa

参考:

ムーミンバレーパーク公式ウェブサイト

ムーミンバレーパークの開園まであと1週間!待ちきれないヒュゲリが、直前インタビューしてきました|北欧ヒュゲリニュース

北欧のライフスタイルを体験する「メッツァビレッジ」11月埼玉にオープン|北欧ヒュゲリニュース