みなさん、海外旅行は好きですか? 

JTB総合研究所の統計によると、2018年の日本人出国者数は過去最高を記録しました。
年は新天皇即位に伴ってゴールデンウィークが10連休となり、旅行を計画する方も多いはず

そこで、今回はスウェーデンの旅行のトレンドについてご紹介します。
人気の海外旅行先は、国や文化によって大きな違いがあるのでしょうか?

スウェーデン人に人気の海外旅行先は?

s_arno-smit-146419-unsplash

スウェーデンの大衆紙「AFTONBLADET」が、早くも2019年冬の旅行のトレンドを取り上げました。 

記事によると、国民の56%が年に1度は海外へ出かけるそう。そんな旅行好きなスウェーデン人にとって、非日常(未知の経験)が味わえる長距離旅行この冬のトレンドだそうです。 

旅行予約サイトTicket調査結果では2018年は記録的な酷暑であったものの、やはり冬は温暖な気候を求めて定番のカナリア諸島やタイへ向かうスウェーデン人が多いとのこと。 

加えて、南アフリカへ向かう予約者数が67.5%増加し、その他アフリカのモーリシャスガンビア東南アジアのベトナムも記録的な人気となっています。
逆にヨーロッパ圏内への旅行者数昨年より24%減少しました。 

Ticket南アフリカ「未知の経験が出来る・長距離旅行として2019オススメにあげています。
サファリで野生動物に出会うことができて、気候の異なる地で大自然に触れられる一方で、大都市も共存している点が魅力なのそうです。 

日本人の海外旅行先との比較 

ここで日本の海外旅行の動向を見てみましょう。
先に挙げたJTB統計によれば、2018年1年間の間の出国者数は1895万人(国民の約15%)で、渡航先としては韓国、台湾にハワイ/アメリカが続きます。
また、地球の歩き方」によると、2019年の人気旅行先は1位がハワイ、2位が台湾、3位アメリカということです 

寒い冬に温暖なリゾート地が人気であるところはスウェーデン人日本人共通していると言えそうですね。
地域としてはアジアが日本人の旅行先として人気の傾向にあり、スウェーデンの今期のトレンド「長距離旅行」とは少し異なるようです。 

海外旅行先に迷ったら、スウェーデンのトレンドを参考にしてみるのも面白いかもしれませんね! 

参考:

Här är de största resetrenderna 2019|Aftonbladet
TICKETS STORA TRENDRAPPORT TICKET COLLECTION|Ticket.se
アウトバウンド 日本人海外旅行動向JTB総合研究所
2019年はココに行きたい!人気旅行先ランキング【海外・国内】地球の歩き方