最近、街中でオシャレに見せるためかアルファベットの「O」の代わりに「Ø」を使っているお店を見かけるようになりました。
しかし、読者の中でもデンマーク語(もしくはノルウェー語)を学んだことがある方には違和感があるかもしれません。

というのもデンマーク語では、この「Ø」が使われ、「O」とは別物の文字だからです。
このOに串刺しをしたようなアルファベットについて、この記事では少し迫ってみます。

  1. 発音

もともと、このアルファベットは「O」と「E」を省略して書くために使用され始めたと言われています。
発音はこちらをクリックして聞いてみてください。
カタカナ表記にすると「ウ」になるでしょうか。少し口を突き出して発音してみると、よりデンマーク語らしい発音に近づくと思います。

  1. Øを含む単語

このアルファベットですが、デンマーク語ではよく使用されます。たとえばこれ。

  • øl[ˈøl] 【意味】ビール

発音はカタカナ表記すると「ウル」でしょうか。
どこの国に行っても大事な表現は「ビールください」ですよね?笑

デンマーク語では”Jeg vil gerne have en øl”「ヤイ・ヴィル・ゲアネ・ハ・イン・ウル」と言います。
デンマークへ行かれた際は、ぜひぜひこの単語を使ってビールを注文してみてください。

もう1つご紹介します。なんとこの「Ø」、この1文字だけでも単語になります。

  • [ˈølˀ]【意味】島

島といえば、日本は周りを海に囲まれた島国です。さらに大小様々な島が数千ほどあると言われています。
デンマーク語の国語辞典Den Danske Ordbogを調べてみると、島の定義は” landområde der er omgivet af vand på alle sider, og som ikke er et continent” 「全方位を水に囲まれた、大陸ではない場所」とされており、デンマークでは九州や四国、本州も島と認識されているようです。

デンマーク語のアルファベットには他にもÆやÅもありますが、こちらはまた別の機会に触れることにします。

参照記事:

Ø|DEN STORE DANSKE
De Største Japanske Øer|riplaybelieves