BLOSSA 12

スウェーデンに住んでいた日本人として、とっても嬉しいコラボレーションが実現しました!毎年冬にスウェーデンで限定販売されるフレーバー付きホットワインがあるのですが、今年は、そのブランドが日本からインスピレーションを得た結果、フレーバーが生姜ゆず味に決定したそうです!わーい!

これも何かの縁ですので、このブランドについて少しご紹介したいと思います。

まずスウェーデンでは毎年クリスマスシーズンになると、glögg(グルッグ)というホットワインを飲むのが伝統です。glöggの語源はatt glödgaという動詞で、「温める」という意味だそうです。

恐らく、最も有名で人気のあるglöggブランドはBlossaでして、Systembolagetという国営の酒屋(ちなみにスウェーデンはお酒の販売規制が厳しく、アルコール度数3.5%を超える飲料はSystembolagetでしか購入することができません)ではglöggのマーケットシェアの72%を占めているそうです。色々な種類のglöggを販売しているのですが、↓
色々な種類のglögg

その中でも一番注目度が高いのは、その年にしか販売されない
限定フレーバーのglöggでしょう。この企画は2003年から始まったそうですが、私が初めてスウェーデンで冬を過ごした年(2010年)は、サフラン味で、金色の素敵なボトルでした。甘くてとっても美味しかったです:
BLOSSA X

スウェーデン流glöggの注ぎ方

アーモンドとレーズンを入れたカップにglöggを注ぐのがスウェーデン流。

続いて2年目の冬は、コーヒー味。けれどもこれは、個人的に「まずい」の一言でしか表現できないものだったので、写真を撮る気にもなりませんでした。ということで、このサイトから写真をお借りします。ボトルのデザインはおしゃれですよね:

BLOSSA11

この英数字は、コーヒー豆の生産地(エルサルバドル)の緯度・経度を示しています。

そして、今年の冬に販売されるBlossa限定フレーバーglöggは、生姜ゆず味に決定したということなんです!ちなみに、昨年からBlossaとパートナーを組んでいるMcCann Stockholmが、フレーバーとデザインコンセプトを提案したとのこと。これは絶対に美味しいでしょう。去年のコーヒー味の代わりにこれを出して欲しかったです…。

BLOSSA 12

よく見るとここにも緯度・経度が書いてあり、調べたところ高知県でした。

今年の冬はスウェーデンの家庭で、生姜ゆず味のホットワインが飲まれていることを想像すると、なんだかウキウキしちゃいます☆私たちも、味見してみたいですよね!