Tim Christensen(ティム・クリステンセン)

Det hele skal være så perfekt som muligt. – Tim Christensen
(すべては可能な限り完璧でなければならない。- ティム・クリステンセン)

引用元: Ekstra Bladet – Tim Christensen gider ikke overfladisk sex

ディジー・ミズ・リジーって知ってますか?

朝晩が過ごしやすくなりましたが、ヒュゲリな秋をお過ごしですか?

iPhone5のテザリングやらソフトバンクのイー・アクセス買収やらのニュースに隠れてしまってますが、iPod touchも新しくカラーバリエーションが追加されましたね。僕はiPod touchユーザーなので、買い替えを迷ってます。

さて、今日はそんなiPhone5やiPod touchにもぜひ入れて欲しい、デンマーク出身のヒュゲリなアーティストをご紹介です!

DIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)
Image from: Official Rotator Press Photo 1996 Photos from Dizzy Mizz Lizzy (Dizzy Mizz Lizzy) on Myspace

デンマークで知らない人は「ほぼ」いないほどの知名度。

そのアーティストとは、1990年代に活動したデンマークのロックバンドDIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)の元ギター・ボーカルTim Christensen(ティム・クリステンセン)さんです。

今週末から彼がソロとして初来日&10月5日(金)大阪公演のチケットがまだあるとの情報をゲットし、すぐに申し込みました。

さらにダメもとでTimさんに連絡がつきそうな場所に片っ端からデンマーク語でメールを送りインタビューをお願いしたところ、なんとOKを頂けました!(インタビューの様子はこちら:「ホンネで語る!デンマーク天才メロディメイカーの北欧音楽と日本への想い。」

Live at the Roskilde Festival 1995
Image from: Official Rotator Press Photo 1996 Photos from Dizzy Mizz Lizzy (Dizzy Mizz Lizzy) on Myspace

ちなみにDIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)の1994年発売のアルバムは、デンマーク国内で25万枚を超える売り上げだったそうです(Tim Christensen – Wikipedia, den frie encyklopædiより)。

デンマークの人口はおよそ550万人なので、単純計算ですが日本で言えばアルバムを約500万枚売り上げたバンドといった所ですね。これはすごい。

ということで、ファンの方々にも失礼のないようにしっかりとデンマーク語で情報を集めつつ、まだTim Christensen(ティム・クリステンセン)さんのことをご存知でないあなたのために、DIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)時代の名曲とあわせてTimさんをチェックしていきましょう!

Dizzy Mizz Lizzy – Glory

DIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)といえば、まず紹介されるのがこの曲 “Glory” でしょう。音楽のことはシロウトなので難しいことはわかりませんが、とにかく一度聴いたら耳に残り、またすぐに聴きたくなってしまうメロディーであることは間違いありません。

 

Dizzy Mizz Lizzy – Silverflame

DIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)の曲の中では、個人的にこの “Silverflame” の方が好きです。この歌も “Glory” と同じく、とっても有名です(こんなことしか言えないのが悔しいですね〜とにかく聴いてみて下さい!)。

 

ティムはソロでDizzy Mizz Lizzyを越えられるのか。

Tim Christensen(ティム・クリステンセン)さんは

  • 自分は(ソロで)DIZZY MIZZ LIZZYを越えている*1
  • DIZZY MIZZ LIZZYを懐かしむことはない*2
  • (1998年のディジー・ミズ・リジー解散後)2003年以降のアルバムから完璧なものができている*3

と語っていることからもわかる通り、この超人気ロックバンドとしての過去の栄光にしがみつくのではなく、解散後のソロ活動という挑戦に取り組みながら、さらなる進化を続けています。

Tim Christensen – Right Next To The Right One

Tim Christensen(ティム・クリステンセン)さんのソロ活動の中で最も有名な曲は、デンマークのテレビドラマ”Nicolai og Julie”の主題歌になり、あのCeline Dion(セリーヌ・ディオン)にもカバーされた “Right Next To The Right One” でしょう。

 

「もう歌わない。」そう公言された、超人気曲との出会い。

これは僕がデンマーク留学時代に通っていたフォルケホイスコーレという学校で使われているHØJSKOLE SANGBOGEN(フォルケホイスコーレの歌の本)にも掲載されている、とても思い出深い曲です。

しかし、あまりにもヒットし過ぎたため「有名になり過ぎたこの曲は、逆にうんざりされてしまう。そんな反作用が出てしまうこの曲は、もう歌いません*4」と、Tim Christensen(ティム・クリステンセン)さんは公言しています。

Tim Christensen(ティム・クリステンセン)
Image from: Ekstra Bladet – Tim Christensen spiller ikke sit største hit

それでもTimさんのTwitterで「日本のライブでは何の曲が聞きたい?」と質問が出ていたので、迷わず「Right Next To The Right Oneを歌ってくれたらとても嬉しいです!」とリクエストしちゃいました。インタビューの時にムッとされていたらどうしよう・・汗

Tim Christensen & The Damn Crystals – Surprise Me (Official Video 2012)

DIZZY MIZZ LIZZY(ディジー・ミズ・リジー)として、そしてTim Christensen(ティム・クリステンセン)としてのソロ活動を経て、Tim Christensen &The Damn Crystals(ティム・クリステンセン&ザ・ダム・クリスタルズ)が2011年に結成されました。これは僕が今、一番好きな曲 “Surprise Me” です。

 

ティム・クリステンセン&ザ・ダム・クリスタルズ初来日!

今回の来日はTim Christensen &The Damn Crystals(ティム・クリステンセン& ザ・ダム・クリスタルズ )として初めてとのこと。絶妙なタイミングでライブ情報を教えて頂いた@love_bruschettaさん、本当にありがとうございました!

渋谷公演はSoldOutですが、大阪・川崎公演はまだなんとかチケットとれそうです!

ティム・クリステンセン&ザ・ダム・クリスタルズ公演情報

◎2012年10月5日(金)
OPEN 18:00 / START 19:00
大阪・心斎橋soma
前売り ¥6,000-(消費税込み)オーダー別
[オールスタンディング]
*入場の際にドリンク代¥500が必要となります。

◎2012年10月6日(土)
OPEN 17:00 / START 18:00
CLUB CITTA’
前売り ¥6,000-(消費税込み)オーダー別
[全席指定](600席特別限定)
*入場の際にドリンク代¥500が必要となります。

◎2012年10月7日(日)
OPEN 16:00 / START 17:00
SHIBUYA-BOXX
前売り ¥6,000-(消費税込み)オーダー別
[オールスタンディング]
*入場の際にドリンク代¥500が必要となります。

▽詳細はこちらもあわせてご確認下さい▽
http://clubcitta.co.jp/001/timchristensen/

デンマーク語インタビューの質問内容ギリギリまで受付中!

それでは当日のライブ前インタビュー&ライブ報告をお楽しみに!

もしTim Christensen(ティム・クリステンセン)さんに聞いてみたいことがあれば、ギリギリまでTwitterチェックしておきますのでお気軽にお知らせ下さいね!

▽当日インタビューの様子はこちら▽
「ホンネで語る!デンマーク天才メロディメイカーの北欧音楽と日本への想い。」

参考記事:
*1 Ekstra Bladet – Tim C.: Jeg er mere end Dizzy Mizz Lizzy
*2 Ekstra Bladet – Tim Christensen: Jeg savner ikke Dizzy
*3 Ekstra Bladet – Tim C.: Min perfekte plade er fra 2003
*4 Ekstra Bladet – Tim Christensen spiller ikke sit største hit