今回は愛知県名古屋市の金山駅近くにある、北欧カフェ「ラヤキヴィ」をレポートします!フィンランドやデンマークの料理が楽しめる、とても素敵なカフェでした!

ラヤキヴィ:外観

まず日本人には馴染みのない「ラヤキヴィ」というお店の名前の由来は、店長さんのお名前をフィンランド語で表しているのだそう。フィンランドの言葉で直訳すると、「境界の石」というような意味になるそうですが、さて店長さんのお名前はなんでしょう?(笑)

・・・いきなりクイズになってしまいましたが、お店に行けば気さくな店長さんが教えてくれると思います!

ラヤキヴィ:内観

さて、カフェの内装はこのようなカウンターと、テーブル席の合計26席になっています。空間を広めに使い、物をなるべく置かず、シンプルに、ミニマルにということを意識してデザインされています。

北欧の雑貨って、デザインが良くて欲しくなる物が多いから、ついついちょこちょこ買ってしまいがちです。でもそうやって沢山増やしていくと、本来の良さであるシンプルさから、どんどんかけ離れていきます。ラヤキヴィさんの内装は、その辺りのバランスが素晴らしいなと思いました。

ラヤキヴィ:スモーブローなど

フードは、5種類のスモーブロー(各780円)やフィンランド風パンケーキのオフカイセット(430円)、北欧のケーキ(各430円)などです。ドリンクは、コーヒー消費量が世界トップクラスのフィンランドで、最も飲まれているロバーツコーヒー豆で作られたブレンド(400円)など、他にも色々ありました。

その中でも今回僕は、リピート率が高いというニシンマリネのスモーブローをいただくことにしました(というのも、人気ナンバーワンのサーモンは以前、ラヤキヴィさんが北欧展に出店されていた際に、いただいていたのです!)。ニシンはデンマークを中心に、北欧でとても愛されている魚。以前デンマーク旅行中にいただいたときは、食べ過ぎて「もういらない・・・」となっていたのですが、今回久しぶりに食べてみて、再び美味しさを感じることが出来ました!

でも実は、なにより僕が美味しいと感じたのは、マッシュドポテトなんです。謙遜気味に「少しだけ手間をかけている」と店長がおっしゃるこのポテトは、なかなかそこらのお店では味わえないと思います。パンにしてもにしん(マリネされている)にしても、基本的に酸味があるものなので、ポテトを一緒にいただくとマイルドに中和され、色々な味が楽しめます。

ラヤキヴィ:デンマーク・レアヨーグルトチーズケーキ

デザートのケーキにはデンマーク・レアヨーグルトチーズケーキをいただきました。こちらもとろけるような味わいで、またソースが絡んでとても美味しかったです!

最後に、なぜ北欧カフェを始められたのですか?との僕からの質問に、店長さんは「どうせ自分のカフェをやるなら、好きな北欧をテーマにしたかったから」と答えられました。シンプルなその答えに、とても納得!

ということで名古屋の方、あるいは名古屋に行かれる予定がある方は是非、金山のラヤキヴィさんで北欧気分に浸ってみてください!僕自身も、今回食べることの出来なかったオフカイセットや、ロバーツコーヒーを飲みに、また行きたいと思います! 

[Information]
ラヤキヴィ(Rajakivi)
住所:愛知県名古屋市中区金山 2-11-1 アーバンハイツ金山1F
電話:052-253-7632
営業時間:8:00-18:30(18:00LO)(月曜定休)
公式サイト:http://rajakivi.com/