みなさん、赤信号で道を渡るとどうなりますか?運転中に携帯電話を使うと、どうなりますか?今日は、デンマークの警察が行っているユニークな交通キャンペーンについてご紹介します。

先日、ネットで少しだけ話題になったニュースに『デンマーク警察、「交通違反者はコスプレせよ」 市民「え?」 警察「コスプレせよ」な動画を制作』というものがありました。その動画が上に貼ったものです。

赤信号を無視したお姉さんにはピエロ(?)のコスプレを、携帯電話を使用しながら車を運転していたおじさんには鳥のコスプレを、その他、交通ルール違反をした違反者に、さまざまなコスプレを警察がさせている様子が紹介されています。

これらの恥ずかし〜い罰、勿論本当に実施されている罰ではありません。デンマークのAalborg自治体による交通安全キャンペーンの一環で作られたもので、他に公式Facebookページもあります。

Vis omtanke i trafikken

Facebookページでは「自転車事故の50%は、赤信号なのに自転車運転者が道を渡ったせいで発生するって知ってた?」とか、「車を運転しながら携帯でメッセージを読んだり書いたりする人は39%もいるって知ってた?」といったメッセージが更新され、交通安全を呼びかけているようです。

日本も自転車によく乗る国ですし、車に乗りながらの携帯電話もまだまだあるので、気をつけなければなりませんね。

ところでこのユニークなキャンペーン、日本で話題になったということで、デンマーク在住のヒュゲリニュースライターに「現地では話題になってる?」と問い合わせたところ、彼女も彼女の友人も知らなかったそう。

勿論、彼女の周りにだけあまりメッセージが届いていなかった可能性はありますが、デンマークのひとつの自治体が行ったキャンペーンに、その国の人より遠い日本の我々の方が早く反応するなんて、面白いです。そのうち言語の壁も無くなれば、もうほとんど誰に向けてメッセージを発信するかとか関係なくなっちゃいますね。そんなに遠い未来じゃないのかも。