デンマークと言えば自転車大国としても有名。以前僕がデンマークを訪れた際も、通勤時間に信号待ちで大量の自転車が止まっているのを目にしました。そんなデンマークで誕生し、荷物運搬用のカーゴバイクを取り扱う伝統あるバイクブランドchristiania bikesをご存知ですか?

この前カゴが大きくて3つの車輪が付いているどでかい自転車が、christiania bikesというブランドのカーゴバイクです。北欧やヨーロッパ方面では、このカゴに子供を乗せて幼稚園に送ったり、郵便の配達員がこれを使って配達をしたりしているそうで、特に“環境破壊をしない輸送手段”として、ブランド発足以降、官民双方から高い注目を集めてきたようです。

日本でこのchristiania bikesを取り扱う代理店「EURO BIKES」さんのサイトによると、「(christiania bikesは)1970年代にデンマーク、コペンハーゲンに位置するフリータウン”クリスチャニア”でカーフリーを掲げ、ラースとアニーのカップルが興した世界に先駆ける本当の意味の、エコロジカル自転車。」と紹介されています。

機能面から見ても、この前カゴには最大で100kgの積載が可能だそう。きっと自転車大国デンマークでは特に、様々な場面で活躍しているのでしょうね。

そういえば日本でも、僕の住む京都では、佐川急便の配達員さんが大きな荷台の付いたオリジナル三輪車で配達をしているのを見たことがあります。ネットで見つけた佐川急便のプレスリリースによると、この三輪車は電動アシスト機能付きで、「ご飯一杯分のカロリーで30kmはこげる」のだそう(笑)。主な導入目的はCO2削減だそうですが、京都のように道が細い場所だと、自転車配達はとても便利そうです!

そもそも日本も、世界的な自動車メーカーが複数ある割にかなり自転車も使われている国ですから、christiania bikesも何かのきっかけで流行るかもしれませんね!以上、デンマークのエコな自転車の話題をお届けしました!

参考:
EURO BIKE
佐川急便プレスリリース