今回は今季からゴルフ、F1それぞれの世界的な大会に初出場するスウェーデン人2選手を紹介します。

 

プロゴルファー ヨ-ナス・ブリクスト

swedennewplayer01

画像:Jonas Blixt | Official Website

まずは、日本でも中継され注目度の高いゴルフ、マスターズに今季から参戦するヨ-ナス・ブリクスト選手。1984年生まれで今年30歳の彼は、2008年にプロゴルファーに転向し、満を持して今季マスターズに初参戦です。

マスターズが行われる難コースでは通常、選手はあまり攻めたプレーをせず、堅実なプレーを重ねて様子を伺いつつ、ここぞというチャンスでスコアを伸ばしていくことが多いそう。しかしヨーナス選手、そんな常識をものともせず攻めのプレーでラウンドを回り、それが功を奏したのか、ただいま入賞圏内に位置しています。

日に日にスコア、順位が変わっていくスポーツなだけに、プレイヤーはもちろん、応援する側もハラハラドキドキです!今季だけでなくこれからの活躍も大いに期待できますね。

 

F1レーサー マルクス・エリクソン

swedennewplayer02

画像:Portrait pictures › Marcus Ericsson

次は今季から初参戦のF1レーサー、マルクス・エリクソン選手。彼は1990年生まれ23歳の超ルーキー!そしてマルクス選手、なんと日本人F1ドライバーの小林可夢偉選手と同じチーム(Caterham)に所属しています。

オーストラリアでの第1戦をリタイア、マレーシアでの第2戦は14位で終え、最近行われた第3戦バーレーングランプリではマシントラブルによってまたも途中リタイアしてしまいました。しかし「ゴールできなかったのはとても残念だった。だけど走りを重ねるごとにいろいろ勉強になっているよ」と語る彼はまだまだ伸びしろたっぷり。

今はバーレーンでのレースを終え、次のレースに向けてマシンセッティング中。何せまだ23歳。今はまだ不本意な結果かもしれませんが必ず入賞台に上がる日がくるはず!楽しみに応援しましょう!

次は来週末、中国の上海グランプリです。可夢偉選手にもマルクス選手にもいい結果を出してほしい!

参考:
Jonas Blixt | Official Website
Portrait pictures › Marcus Ericsson