こんにちは!今回はたいつ編集長の付き添いで、『北欧のおいしい話』『北欧のおいしい時間』の著者、森百合子さんにインタビューさせていただく機会があったのですが、森さんのとても素敵なお話に感動したので、私がライターとして記事を書くことになりました(笑)。というわけで、読めば北欧に行きたくなること間違いなし!森さんインタビューをご紹介します。

とっても気さくに北欧について語ってくれた森さん。本当に素敵な女性でした。

インタビューさせていただいた森さんのお宅は、北欧のインテリアで彩られたおしゃれな古民家。旦那さんお気に入りのデンマークの照明やカラフルなテーブルクロスが日本家屋とマッチして、なんともヒュゲリな雰囲気を醸し出しています。

—改めてとなりますが、森さんがいま行っているお仕事について教えていただけますか?

私はコピーライターなのですが、偶然フィンランド大使館やスウェーデン大使館との仕事に恵まれて、子ども向けにフィンランドの文化や社会を紹介するサイトを制作したり、ニュースレターでスウェーデンの暮らしを紹介するなど、もともと興味のあった北欧について学ぶ機会がありました。その後、『北欧のおいしい話』や『北欧のおいしい時間』といった北欧の食を紹介する本を出版し、今年からAll About(生活情報サイト)で「北欧の暮らし」という連載を始めています。最近はトークショーや雑誌寄稿、監修など北欧関係の仕事が増えてきています。

著書『北欧のおいしい話』&『北欧のおいしい時間』。素敵な写真ばかり♪

—いま北欧情報の発信者と言えばまず森さんで、少し間があいて北欧ヒュゲリニュース、と編集長も言っています(笑)。そもそも北欧に興味を持つようになったきっかけはなんだったんですか?

最初のきっかけは友人に誘われて行ったアアルト展※1です。アアルトの建築やデザインを見て、何ともいえない衝撃を受けて、それがずっと心に残って…。いつか実際にフィンランドに行って、アアルトの建築を見たいと思うようになりました。1999年から始めたスウィングダンスもじつは北欧との接点になっています。スウィングはアメリカ発祥のダンスなのですが、スウェーデンで大ブームになり、世界最大級のダンスキャンプが行われたりとダンサー憧れの場所なんです。実際にはじめて北欧を訪れたのは2005年。アアルトの建築を見て回り、ダンスキャンプにも参加しました。はじめての北欧の感想は「居心地がいいなあ」ということ。人がとても親切で、治安が良くて、こんなに緊張しない海外旅行は初めてでした。それから頻繁に北欧を訪れるようになりました。

森さんセレクトの素敵な北欧雑貨が飾られているヒュゲリな空間「Shop Sticka」

—アアルトとスウィングダンスが北欧の原点なんですね。本を出すようになったのもそれが高じて?

北欧の食べ物というと当時は情報がすごく少なくて、「北欧の食べ物はおいしくない」とも言われていました。だけど、実際に訪れてみたらアイスクリームやチーズといった乳製品、さまざまなベリー、コーヒー、パンなどおいしいものがたくさんあって、そしてやはり寒い国なので、煮込みやオーブン料理、スープなど冬の食べものがすごくおいしかったんです。そのユニークな食文化を伝えたいと思ってはじめはブログを書いていました。しばらくして出版社と話をしてみたら、トントン拍子で話が進んで、半年くらいかけてまとめました。

—本の中の料理、本当にどれもおいしそうです。取材で印象的だったことはありますか?

ほとんどのお店はとてもオープンでした。「取材していい?」と聞いたら「なんでそんなこと聞くんだ?断る人なんているのかい?」なんて言われることも。オスロで人気のカフェを取材した際、店の奥まで案内してくれて、豆をローストしているところを見学させてくれたことも。いわゆる秘伝の味のように普通だったら秘密にするようなことも、北欧の人は隠すのではなく、いいものをみんなでシェアしていこうという意識が高いんでしょうね。

インタビュー終わり、オスロで人気のカフェ&バーFuglen東京店に立ち寄りましたよ☆

—わ〜、本当に素敵ですね。そういったシェア精神、ホスピタリィー精神には私たち日本人が見習うべき点が多々あるように感じます。そういえば、北欧はカフェが日常に根付いているんですよね。

北欧5カ国ともコーヒーの消費量がとても多く、世界バリスタチャンピオンシップの歴代優勝者も、これまで13人いる中の6人がデンマークとノルウェー代表です。コーヒーやカフェが生活に根付いていて、さらにバリスタチャンピオンの影響などもあり最近はおいしいコーヒーがブームです。私も北欧に行ってからコーヒーに目覚めました。北欧のコーヒーは一般的に浅煎りで、豊かなフレーバーが特徴。お茶感覚で楽しめるんです。北欧は外食が高いので、レストランなどに比べてカフェは気軽に利用しやすいというのもあると思います。いつも人がいて活気がありますね。

また、北欧はいわゆる「フェアトレード」の意識がとても高いです。前回の取材で訪れたバリスタチャンピオンの方は、アフリカや中南米などコーヒー原産国に自ら足を運んで農場をまわり、良い豆を見つけて農場と直接契約を交わしています。「本当に良いものを見つけ、相応の対価を支払うことで、この国は豊かになる」という信念があるんですね。バリスタといってもコーヒーを淹れるだけでなく、コーヒー原産国の社会や現状を見据えて、そこから関わるというのが一つの流れになっている気がします。

—うーん、私自身いま研究しているテーマに関連していてとても勉強になります。では最後に、ヒュゲリニュースの読者へ向けて、メッセージをお願いできますか?

私は食や日々の習慣といった、北欧のリアルな生活にとても興味があります。日本と共通する部分も多いし、昔ながらの知恵を大切にしていたり、生活を楽しむのが上手で、身近な部分で参考になることがたくさんあると思うんです。北欧を知らない人にも興味を持ってもらえるような情報を発信したり、部分的にレア情報を入れたりとバランスを大切にしてこれからも北欧の良さを伝えていけたらと思っています。

※1:フィンランドの国民的建築家・アルヴァ・アアルト

◆インタビューを終えて:所感

森さんのお話に夢中になり、あっという間の2時間でした。なんだか北欧をぐるっと一周してきたような気分です。いきいきと紡ぎだされる言葉からは、北欧にくらす人たちの生活や人柄が浮かんでくるようでした。「リアルな北欧」への愛にあふれた森さん、これからも北欧のいろんな側面を私たちに伝えてくれることを期待しています!お忙しいなか、ヒュゲリな時間を本当にありがとうございました!!

[Information]
○森百合子さんプロフィール
コピーライターとしてスウェーデン大使館、フィンランド大使館の仕事に携わる。
北欧関係の執筆やトークショー、メディア出演など多数。
著書に『北欧のおいしい話』『北欧のおいしい時間』(Pヴァイン・ブックス)、
北欧インテリアBOOK』(宝島社)。情報サイト All Aboutで「北欧の暮らし」を連載。
北欧諸国には定期的に訪れて情報を発信している。
http://hokuobook.com/

また、森さんセレクトの素敵な北欧雑貨を購入できるヒュゲリな空間「Shop Sticka」も東京近郊にお住まいの方は要チェックしてみください☆
北欧ビンテージとハンドクラフトのお店 Sticka
最寄り駅:田園調布駅より徒歩2分。
営業時間:毎週火曜日 12:00〜18:00
※
月に一回、土曜日もオープン
公式サイト:http://hokuobook.com/sticka/

みなさんもぜひ一度足をお運びください(^-^)