暑い!日本も暑そうですが、今年のデンマークの夏もかなり暑いです。デンマークでは今週30℃を越えた所もあり、公園で水浴びをする子ども達や、日光浴を楽しむ人達をたくさん見かけました。ただここまで暑いとなかなか眠れない人も多いよう。今日はそんなデンマーク人のためにお勧めされていたデンマーク人睡眠スペシャリスト、トーベンさんによる「5つのアドバイス」をご紹介。日本でも使えるテクニックがある・・・かも?

Hot night denmark
画像:Tropenatten nærmer sig: Sådan sover du godt i varmen | Nyheder | DR

デンマークでは夜間の気温が20℃を切らない夜を熱帯夜と呼びます(日本では25℃以上)。そんなデンマークの熱帯夜でも快適に眠るためのアドバイスがこちら。

  1. 扇風機を体に近づけ過ぎないようにする
  2. 眠る前に冷たいシャワーを浴びる
  3. 水枕または冷たい水をしみこませたタオルを使う
  4. 寝る前に食べ過ぎない
  5. 眠れないことを受け入れる

ほとんどのデンマーク家庭にはエアコンがありませんが、扇風機を購入することで暑さ対策をすることができます(直接体に風を当てて寝ると夏風邪を引く可能性があるので注意)。すでに寝付きが悪い人は、冷たいシャワーではなく、暖かいシャワーを浴びて体をリラックスさせる方がよいのだとか。また、デンマークでも冬に使う「湯たんぽ」に冷たい水を入れて使うこともお勧めされています。冷たいタオルを準備すれば汗も拭けて一石二鳥!寝る前に食べないのは暑い夜に限ったことではありません。消化が始まると体がリラックス出来ないので注意が必要です。

そして最後のアドバイス「眠れないことを受け入れる」。トーベンさんは、熱帯夜なんてデンマークにはほとんどないので、眠れないことでイライラするよりも眠れないことを受け入れて暑い夜の時間をヒュゲリに過ごすことをお勧めしています。

いかがでしたでしょうか。デンマーク人が暑さに慣れていない印象とともに、「暑いんだったら暑さを楽しめばよい」というゆったりとした国民性を感じさせてくれるアドバイスでした。日本の皆さんもこれから熱中症などに気をつけて、ヒュゲリな夏をお過ごし下さいね!

参考:
Årets varmeste dag: Danmark koger i 30 grader | Vejret | DR

Tropenatten nærmer sig: Sådan sover du godt i varmen | Nyheder | DR